shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

濱田岳 映画「殿、利息でござる!」ナレーション出演決定!

濱田岳が、5/14(土)公開映画「殿、利息でござる!」でナレーション出演することが発表された。

原作は、「武士の家計簿」などの著作で知られ、“平成の司馬遼太郎”との呼び声も高い磯田道史さんの「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」。藩の重い年貢により、夜逃げが相次ぐ宿場町・吉岡宿を救うため主人公・穀田屋十三郎ら庶民が、藩に大金を貸付け、利息を巻き上げる「庶民がお上から年貢を取り戻す」逆転の発想で立て直した、江戸時代に実在した人々の奇跡と感動の歴史秘話を、『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』『残穢(ざんえ)-住んではいけない部屋-』などで知られる中村義洋監督がユーモアたっぷりに映画化する。

中村義洋監督作品では『アヒルと鴨のコインロッカー』、『フィッシュストーリー』、『ゴールデンスランバー』、『ポテチ』、『みなさん、さようなら』など多数出演している濱田。同作で映画のナレーターは初挑戦となるが、「これまでと違った形ではありますが、また中村組の作品に参加することが出来、とても嬉しかったです。そして、スタッフ、キャストの皆様が作り上げた映像に、最後に参加するというのは、新たな経験であり、責任感と緊張感がありましたが、いつものように中村監督と楽しく、そして真剣に、収録させて頂きました。」と喜びを語ると共に、「現場に居なかった自分でも、映像からこの作品の楽しさや素晴らしさが伝わってきました。是非多くの皆様に観て頂けたらと思います。」とメッセージを送った。

映画「殿、利息でござる!」は5/14(土)公開。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク
  • シェア

pagetop

page top