shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

大沢ひかる 映画「仮面ライダー1号」初日舞台挨拶!

大沢ひかる出演映画「仮面ライダー1号」が、3/26(土)公開初日を迎え、丸の内TOEIにて行われた舞台挨拶に大沢が登壇した。

特撮テレビドラマ「仮面ライダー」の放送が開始された1971年4月3日より45年の時を超え、満を持して送り出される仮面ライダー45周年記念映画「仮面ライダー1号」。映画化決定とともに「仮面ライダー1号」と愛車「ネオサイクロン号」が新ビジュアルに生まれ変わり、主演は当時と変わらず藤岡弘、さんが演じることが話題となっている。同作には、本郷猛の永遠のライバル・地獄大使、物語の鍵を握る美少女・立花麻由、大沢が月村アカリ役で出演中の『仮面ライダーゴースト』レギュラーメンバーも登場し、生まれ変わった1号の姿や、新たに登場する組織・ノバショッカーの脅威も大きな見どころとなっている。戦い続けてきた猛を待つものは安らぎか、それとも―。

上映前舞台挨拶に登壇した大沢は、「月村アカリ役の大沢ひかるです。今日は最後まで楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

ヒーローになれるとしたら、どんなヒーローになってみたいかと聞かれると、「司令塔として動く頭脳系です。そっちの道でやってみたいなと思います。」と笑顔を見せた。

またこの日は、子どもたちが壇上に登場し、藤岡弘、さんへ感謝の花束を贈呈。会場が温かい拍手に包まれる中、舞台挨拶は幕を閉じた。

映画「仮面ライダー1号」は、絶賛公開中!
この春、ヒーローの頂点「仮面ライダー1号」の勇姿を目撃せよ!ぜひ劇場でお楽しみください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top