shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

山口もえ アウトドア複合施設「Wonderful Nature Village」グランドオープニングセレモニーに出席!

山口もえが、3/30(水)に行われた、アウトドア複合施設「Wonderful Nature Village(わんダフルネイチャーヴィレッジ)」グランドオープニングセレモニーに出席した。

株式会社東京サマーランドは、アウトドア複合施設「Wonderful Nature Village」を4/1(金)にグランドオープンする。同施設は、秋川丘陵の恵まれた自然の中で、自然と癒しをテーマとし、愛犬と一緒に自然との共生が体験できるアウトドア複合施設で、昨年10月にプレオープンした、都内最大級・約4,000㎡のドッグラン、ハイキングコース等に続き、いよいよ今回は、都内でも珍しいドッグプール、オートキャンプフィールド、バーベキュー場、カヌー・カヤック体験、キッズエリアがオープンする。また、2016年秋以降には、追加施設としてスポーツフィッシングを予定しており、コテージ・ツリーハウスなどの開発も計画している。

この日は、同施設のグランドオープンを記念したオープニングセレモニーが行われ、愛玩動物飼養管理師2級の資格を持つ山口がスペシャルゲストとして登場した。

山口は同施設を目の当たりにし、「すごく広いですね。大自然がいっぱいで、これから桜も咲いてくると思いますし、まさにこれからが遊びどきなのかなと思いました。」とコメント。

愛玩動物飼養管理師の資格を取得したきっかけについて、「子どものときから動物が大好きで、たくさんの種類の動物を飼ってきました。(資格取得は)ミニチュアダックスフンドを飼ったのがきっかけで、小型犬なのでいつまでも子どもかなと思っていたら、ある日あごから白髪が生えていたんです。その姿を見たときに、やはり動物は早く年を重ねてしまいますので、もっとこの子のきもちを知りたいと思ったのがきっかけでした。」と明かした。

資格を取得して意識が変わったことについては、「たくさんの方がペットを飼っていらっしゃると思いますが、正しい飼い方を知らないばかりに、ペットも飼い主も不幸になってしまうことが多いと思います。例えば、うさぎって実は前歯が伸びるんです。だから、うさぎを飼う方は必ず固いものを与えてあげないと、ある日うさぎがご飯を食べないと思ったら、歯の伸び過ぎが原因でご飯が食べられなくなってしまうことがあります。また、トカゲなどの変温動物は、冬になると冬眠しますが、上手く冬眠をしないと、冬眠から目覚めずそのまま死んでしまったりすることがあるので、一年中同じ気温にしてあげて、冬眠に入らないようにしてあげたりとか、そういう動物の生態をしっかり知って飼わないとどちらも不幸になってしまうことを学びました。」と語った。

その後ゴールデンレトリバーのさくらちゃんが登場。「ゴールデンレトリバーは、大型犬ですがとても穏やかなで優しい性格なので、とても飼いやすいと思います。体が大きいと運動量も必要になるので、お散歩をたくさんしてあげるといいです。この施設のようなのびのびと走れるところはとてもおすすめです。」とアドバイス。犬のしつけで気をつけることについて聞かれると、「犬の性格は大きく分けると二つあって、人間もそうだと思いますが、怒られて伸びるタイプと、褒めて伸びるタイプがあります。だから悪いことをしたときにしっかり怒ると言うことをきく犬もいますが、逆に気がしょぼんとなって言うことをきかなくなってしまう犬もいます。そういう犬には、怒らずにいいことをしたときにいっぱい褒めてあげる。そうすることによって、悪いことをしなくなることもあります。」と話した。

同施設について、「犬が元気なときって実は本当に短いんですよね。だから私も犬を飼っていたときに、いろいろなところに連れていってあげたい、経験させてあげたいと思っていました。Wonderful Nature Villageは、人間と動物が一緒に楽しめることがすごくいいコンセプトだと思うので、たくさんの犬とご家族が来てくださったらいいなと思います。」と笑顔を見せた。

最後は、あきる野市長・澤井敏和様、東京都競馬代表取締役社長・山口一久様、東京サマーランド代表取締役社長・井上博志様、Wonderful Nature Village村長・折戸一義様とともにテープカットが行われ、会場は祝賀ムードに包まれていた。

「Wonderful Nature Village」は、4/1(金)グランドオープン!
ぜひお楽しみください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top