shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

森川葵 映画「通学シリーズ 通学電車/通学途中」DVD発売記念イベント!

森川葵出演映画「通学シリーズ 通学電車/通学途中」のDVD発売記念イベントが、4/3(日)都内で行われ、千葉雄大さん、松井愛莉さん、中川大志と共に森川が出演した。

同作は、月間770万人が訪問する小説投稿コミュニティー「E★エブリスタ」の中で絶大な人気を得ている「通学シリーズ」の中から、女子中高生の間で“感動を呼ぶ”と特に人気の高い「通学電車」と「通学途中」の映画化。2015年11月に劇場公開され、この2作品は、登場人物や舞台が共通しているものの、それぞれ独立したストーリーが描かれた。そんな同作のDVDが3/16に発売。劇場本編映像に加え、特典映像として初日舞台挨拶の様子、さらにコンプリートボックスには出演キャストの未公開インタビュー、スペシャル座談会など、盛りだくさんの内容となっている。

イベント前にマスコミ向けの会見が行われ、片想いの相手には彼女がいるという切ない役どころのユキを演じた森川は、「撮影していたのがちょうど1年前くらいで、1年って早いねと話していました。劇場公開してDVDが出て、また皆さんに観ていただけることを嬉しく思います。DVDだと家でじっくり、ゆっくり観られると思うので、ぜひ観ていただきたいです。」とコメント。

同作では初恋・真実の恋が描かれているが、自身の理想の男性像はと質問され、「落ち着いた人です。」と笑顔で答えた。

その後行われたトークイベントで大歓声に迎えられた森川は、「予想以上に皆さんとの距離が近くて緊張しています。頑張りますのでよろしくお願いします。」と挨拶。

この日はユーザーから事前に送られた質問に答える形で進行し、演じる上で苦労した点は?と聞かれ、「コウはキュンキュンなセリフが多いのですが、それを現場で聞きながら笑いをこらえるのが必死でした。」と撮影を振り返った。

さらに、男性キャストにはユウナとユキ、女性キャストにはハルとコウのどちらがタイプかという質問には、「コウ君です。私はツンとしている人が苦手で、コウ君みたいに自分の気持ちをきちんと伝えて、ちゃんと追いかけてくれる人が好きです。」と答えた。

また、恋人が頑張って作った料理がイマイチだったら指摘するか?という質問が読み上げられると、「指摘して一緒に作り直せたら良い関係だなと思うので、私は言うと思います。」と持論を展開した。

イベント終盤では、来場者からのアンケートで選ばれた印象に残っているシーン、キュンとしたシーンが披露された。『通学電車』篇ではニコニコしながら観ていた森川だったが、『通学途中』篇になると、「選んでいただいて嬉しいですが、恥ずかしいです。」と照れた表情を浮かべながら、「大志君とは何回か共演していますが、初々しいシーンを観るとドキドキしちゃいます。」とコメントした。

最後に、「好きなシーンを何回も繰り返して観ることはDVDだからこそできることなので、ぜひお家でキュンキュンしながら観ていただけたら嬉しいです。そしてお友達にも勧めてください。本日はありがとうございました。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

映画「通学シリーズ 通学電車/通学途中」DVDは現在大好評発売中!
ぜひお楽しみください!

■ストーリー
『通学シリーズ 通学途中』
心臓が壊れたみたいにドキドキして、カレと会うだけで笑顔になれる。内気で恋に不器用な女子高生ユキ(森川葵)が恋したカレにはもう彼女がいた…。現実を受け入れたいと思っていても想いは募るばかり。そんなユキをいつも見守っているのは、同じ美術部のコウ(中川大志)。ユキにとっての「真実の恋」の相手は!?

『通学シリーズ 通学電車』
電車で通学しているユウナ(松井愛莉)は、車内で見かけるハル(千葉雄大)に片思い中。他校に通う彼のことはまだ何も知らないけれど、今は見ているだけで幸せな毎日。そんなある日、大事件が!朝、ユウナが目を覚ますと、ハルが隣で寝ていたのだ!さらに、ハルには辛く悲しい過去があった…。新感覚のハートフルラブストーリー。

■出演
『通学シリーズ 通学途中』中川大志、森川葵、藤本泉、赤楚衛二、藤麻理亜、阿部菜渚美、松井愛莉、千葉雄大
『通学シリーズ 通学電車』千葉雄大、松井愛莉、阿部菜渚美、藤本泉、藤麻理亜、城戸愛莉、赤楚衛二、中川大志、西村知美、吉沢亮

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top