shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

瀧本美織 「丸の内交通安全のつどい」一日警察署長!

瀧本美織が、「平成28年度 春の全国交通安全運動」に先駆け4/4(月)に行われた、「丸の内交通安全のつどい」で丸の内警察署の一日警察署長を務めた。

「全国交通安全運動」は、交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに、道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的として、毎年、春と秋の2回実施。期間中(今季は4/6(月)~15(金))、国・地方公共団体や民間団体が相互に協力して幅広い国民運動を展開していく。

丸の内ビル特設ステージで行われた「交通安全のつどい」にて一日警察署長を務める瀧本は、「自転車に乗る時は、自転車安全利用五則を守ります。自動車に乗る時は、全ての座席のシートベルト、チャイルドシートを正しく着用いたします。お酒を飲んだら絶対に運転はしません。二輪車を運転する時は、ヘルメットとプロテクターを正しく着用し、スピードの出し過ぎや、無理な割り込みはしません。交差点ではドライバーと目と目を合わせるアイコンタクトルールを実践し、左右の安全を確かめてから横断します。」と交通安全宣言。

警察の制服を着た感想について、「とても身が引き締まる気持ちです。一日署長ということで緊張しています。」とコメントした。

さらに、交通事故防止のために気を付けるべきことについてのトークを行い、最後は、「交通事故は一瞬で大切な命を奪ってしまうものです。道路を利用する全ての人に優しさと思いやりをもって交通ルールを守って、悲惨な交通事故を起こさないように注意しましょう。」と呼びかけた。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top