shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

青木崇高 ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」完成披露試写会!

青木出演、日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」(TBS)の完成披露試写会が、4/14(木)都内で行われ、青木が出席した。

タイトルの数字、“99.9”は、日本の刑事事件における裁判有罪率(起訴された際に裁判で有罪になる確率)を示しており、日本の司法制度の高い信頼性の証明とも言えるが、そこに大きな落とし穴が隠されていた。一旦起訴されると検察の考えたストーリーが正しいと鵜呑みにされがちになり、実は無罪という場合も99.9%有罪になってしまう可能性があるのだ。同作では、無罪を証明できる確率がたとえ0.1%だとしてもあきらめずに、事実を追い求めていく刑事専門弁護士たちが、ぶつかり合いながらも逆転不可能と思われる刑事事件に挑む姿を描いた新感覚の痛快リーガル・エンターテインメント。二転三転する逆転劇の末、“偽りの真実”が覆され、事件の真相に迫ったとき、そこにはどんな“事実”が待ちうけているのか―。

青木は主人公の刑事専門弁護士・深山大翔らと敵対する東京地方検察庁・検察官、丸川貴久を演じる。
丸川は、有罪判決を勝ち取ることに激しい執着心を抱いていて、被告人を尋問する際は数十手先までやり取りを読み、詰め将棋をするかのように被告人を追い詰める。これまで刑事事件で敗北した経験はなく、検察庁では若手のホープとして将来を嘱望されている役どころだ。

第1話上映後に行われた舞台挨拶で、現場の雰囲気を聞かれ、「僕自身の初日を迎えたころには皆さんの空気が出来上がっていたので、どう入っていくかを考えましたが、今ではグループLINEにも入れていただきまして…。皆さんの中に入れるように何か差し入れをしたいと思っています。」とジョークを飛ばし、共演者をはじめ、会場の笑いを誘った青木。

第1話の山場となる法廷のシーンについて、「深山がするどくいくシーンで、(松本潤さんが)膨大なセリフがありながらも見事に深山を演じられていてすごいなと思いました。その悔しさが表情に出ていたかもしれません。」と話すと登壇者たちから“あの表情はそこから来ていたんですか?素の青木さん?”と聞かれ、「“あぁ、撮られてたんだ”みたいな感じ(笑)。深山は依頼人の要求というよりも、真実と向き合い、真実を知ろうとする姿勢を強くもった人。人によっては対峙する中で苦手な相手なのかもしれません。今後も対決があると思うので、楽しみにしています。」と撮影を通じて感じたことを話した。

また、実際に弁護してもらうことになった場合、登場人物の中でどの弁護士に弁護されたいか?という質問を受け、「僕は検察の人間なので、弁護は受けません!」とキッパリ。その後、青木演じる丸川が師匠と仰ぐ検事正・大友修一役の奥田瑛二さんが“そのように教育しています”と話し、チームワークの良さに会場からは笑いと拍手が起こっていた。

日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」は4/17(日)より毎週日曜21:00~TBSでO.A。(初回は25分拡大)
ぜひお楽しみください!
  • はてなブックマーク
  • シェア

pagetop

page top