shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

竹内結子 映画「殿、利息でござる!」初日舞台挨拶!

竹内結子出演映画「殿、利息でござる!」が、5/14(土)公開初日を迎え、丸の内ピカデリーにて行われた舞台挨拶に、監督・キャストと共に竹内が登壇した。

原作は、江戸の世に実在した人々の奇跡と感動の歴史秘話を現代に甦らせた磯田道史さんの「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」。

今から250年前の江戸時代、藩の重い年貢により、夜逃げが相次ぐ宿場町・吉岡宿を救うため主人公・穀田屋十三郎は、知恵者の菅原屋篤平治から町を救う計画を聞く。それは藩に大金を貸付け、利息を巻き上げる「庶民がお上から年貢を取り戻す」逆転の発想だった!千両(現在でいう約3億円)もの大金を水面下で集める前代未聞の頭脳戦が勃発!計画がバレれば打ち首確実!強欲お奉行の嫌がらせを乗り越えて、十三郎と仲間たちはさらに必死の節約を重ね、ただ町のため、人のため、私財を投げ打ち悲願に挑む!!
倒産寸前、絶体絶命のピンチ…果たして彼らは町を救えるのか!?

竹内は皆に愛される飯屋のおかみで、穀田屋十三郎がほのかに思いを寄せる未亡人・ときを演じる。

上映後舞台挨拶にて拍手で迎えられた竹内は、「私はこの作品が本当に大好きです。皆さんもこの作品を好きになっていただけたらいいなと思います。どうぞよろしくお願いします。」と挨拶。

夏に撮影が行われたという同作で、撮影中のエピソードについて聞かれると、「スタジオの控室で冷房が効いている部屋が一部屋ぐらいしかなくて、メイクするところと俳優部の控室が一つずつあるのですが、全員男性なもので、その中に私は入れないんです。なので、脇にある機材置き場の部屋にずっと一人で座っていました。そこが暑くて、苦労したところです。」と話し、会場の笑いを誘った。

この日は、4/6~5/14まで東京、宮城、大阪、名古屋、広島、北海道、静岡の劇場で実施された『ゼニ集めプロジェクト』(庶民が私財を投げ打ち、小銭を貯めて疲弊した街を救ったという実話(である同作のストーリー)にちなんで、観客皆さんに<小銭(5円玉)を集める>というアクションに参加していただくことで、同作を知っていただくプロジェクト)の結果発表が行われ、集まった総額117,835円、総数23,567枚という登壇者の予想を上回る金額が告げられると、会場は歓喜の声や温かな拍手に包まれた。なお、この小銭は物語の基になった古文書「國恩記」の保全に充てられる。

映画「殿、利息でござる!」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top