shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

濱田岳 映画「ヒメアノ~ル」初日舞台挨拶!

濱田岳出演映画「ヒメアノ~ル」が5/28(土)公開初日を迎え、TOHOシネマズ六本木にて行われた舞台挨拶に、濱田が登壇した。

同作は、『行け!稲中卓球部』『ヒミズ』の人気漫画家・古谷実による衝撃の問題作「ヒメアノ~ル」の映画化。
この世の不条理、深層心理の屈折した感情、コミカルな恋と友情、ポップなギャグなど、独特な要素を含みながら、若者特有の将来への不安や恋愛、日常のやり取りをコメディタッチで描きつつ、並走して語られる無機質な殺人事件。ふたつの物語が危険に交わるとき、最大の恐怖が観客に襲いかかる。
メガホンをとるのは『銀の匙 Silver Spoon』の吉田恵輔監督。ユーモラスな人間描写に定評がある俊英が、前半の微笑ましいラブストーリーから一転、狂気が炸裂するサスペンスに突入するジェットコースター演出を展開。原作とは異なるエンディングも用意するなど、観る者を没入させるストーリーテリングで新機軸のエンターテイメントが誕生した。

「なにも起こらない日々」に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田進(濱田岳)。同僚の安藤勇次(ムロツヨシ)に、想いを寄せる阿部ユカ(佐津川愛美)との恋のキューピット役を頼まれ、ユカが働くカフェに向かうと、そこで高校時代の同級生・森田正一(森田剛)と出会う。
ユカから、森田にストーキングされていると知らされた岡田は、高校時代、過酷ないじめを受けていた森田に対して、不穏な気持ちを抱くが・・・。岡田とユカ、そして友人の安藤らの恋や性に悩む平凡な日常。ユカをつけ狙い、次々と殺人を重ねるサイコキラー森田正一の絶望。今、2つの物語が危険に交錯する。

舞台挨拶にて濱田は、「こんにちは。上映後ということで、何でも話すぜ!楽しんで下さい。」と挨拶。

この日登壇者は、同作を通して初体験・初挑戦したことを告白。濱田は、「裸になってラブシーンに挑んだのは初めてでした。服を着たままというのはあっても、そこまでは激しくはなくて、今回ほど激しいのは初めてでした。“誰が得するの、こんなもん”と思いました。凄く緊張してドキドキしましたが、やらなければ終わらないので腹をくくって撮影していると、周りのスタッフさんたちの方が緊張してザワザワしていて…。“おい、ラブシーンだぞ!笑うなよ!”と言われたりしました。」と話すと、ムロツヨシさんから“やったことないから、緊張するの?”と聞かれ、「スタッフさんにジーっと見られて、恥ずかしくて緊張しましたが、貴重な良い経験でした。それよりも佐津川さんの男前さというか割り切り方は、俺の方が恥ずかしかったです。」と振り返った。

舞台挨拶終盤には、同作が4月にイタリアで開催されたウディネ・ファーイースト映画祭(コンペティション部門)でのワールドプレミア上映に続き、6月に中国で開催される上海国際映画祭(パノラマ部門)、7月に韓国で開催される富川国際ファンタスティック映画祭(部門未定)への正式招待が決定したことが発表された。それを受けて濱田は、「僕とムロさんと佐津川さんの三人は毎日撮影が楽しくて、監督も明るくて、ふざけているだけでしたので、森田さんの撮影の大変さを聞いていると、森田さんが演じた森田をもっと見てもらえるというのは本当に嬉しいです。」と語った。

映画「ヒメアノ~ル」は、TOHOシネマズ新宿ほかにて絶賛公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク
  • シェア

pagetop

page top