shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

太賀 主演映画「走れ、絶望に追いつかれない速さで」初日舞台挨拶!

太賀主演映画「走れ、絶望に追いつかれない速さで」が、6/4(土)公開初日を迎え、渋谷ユーロスペースにて行われた舞台挨拶に太賀が登壇した。

同作は、1990年生まれの中川龍太郎監督による、親友の死と向き合う旅を描く物語。青春時代を共有した親友・薫の死を受け入れられないでいる漣(太賀)。描き遺された絵には薫の中学時代の同級生「斉木環奈」の姿があった。薫にとって大切な存在であり続けた彼女に薫の死を知らせるべく漣は単身、彼女の元へ向かう決意をする…。この映画で描かれているのは「死」を通して新たに発見される「生」の煌めきである。主人公の漣が親友の死を受けて、悲しみのあまり感情を動かすことができないでいる姿や、ふとした瞬間に溢れ出す感情。ひとりの死が多くの生を翻弄する、そんな瞬間。太賀、小林竜樹さん、黒川芽以さんが織りなす繊細な感情の機微は見どころとなっている。

上映前舞台挨拶に登壇した太賀は、「主人公の漣という役を演じました、太賀です。今日はこんなにもたくさんの人が足を運んでくださってうれしく思います。ゆっくりと楽しんでいってください。」と挨拶。

中川監督の実体験を基に描かれた同作で、主人公を演じるにあたっての役作りについて問われると、「僕自身、親友が死んでしまうということがないので、そのリアリティが自分の中に全くなくて、どうしたらこの役を演じ切ることができるのかなと思っていたのですが、撮影前に監督と一緒に過ごす時間が多くて、一緒に酒を飲みながら青くさい話をしたりして、寄り添う時間がすごくあって、その中で何か見つかったらいいなと思っていました。ひとつのフックとして、監督は親友が死んでしまった当人なわけで、その人がどんな感情を抱いて日々生きているのかなと思うと、監督は日々とまどいながら生きているなというのを感じて、僕は何か演じる上での答えを探したかったんですけど、そんなことに答えなんかでないよなと正直思いました。だから俺もとまどいなから精一杯、この作品の中で生きていければいいんじゃないかと思いながら演じました。」と語った。

最後にこれからこの作品をご覧いただく皆さんへ、「今日公開ということで、僕たちがやることはすべてやったつもりです。言い訳はしません。本当にフルスイングで全力でやったので、どうか皆さんの心に届きますように祈るばかりです。今日は楽しんでいってください。ありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締め括った。

映画「走れ、絶望に追いつかれない速さで」は、6/4(土)より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク
  • シェア

pagetop

page top