shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

岡田将生 映画「秘密 THE TOP SECRET」レッドカーペットセレモニー&完成披露試写会!

岡田将生出演映画「秘密 THE TOP SECRET」のレッドカーペットセレモニー&完成披露試写会が6/22(水)都内で行われ、監督・キャストと共に岡田が出席した。

“脳内の記憶を映像化し、迷宮入り事件の謎を解く――”。
映像化するには絶対に不可能と言われ続けてきた数々のシーンを持つ、清水玲子の同名コミックを、プロジェクトの立ち上げから5年もの歳月をかけて映像化した衝撃のミステリー・エンタテインメント超大作。

被害者の【脳に残った記憶】を映像化し、迷宮入りした事件を捜査する警視庁の特別機関「第九」。
室長をつとめる天才・薪剛(生田斗真)のもとに、新人捜査官の青木一行(岡田)が配属された。
全ては「犯人の脳を見て、行方不明の少女を探す単純捜査」から始まった。
脳内捜査を進めると、事件を根底から覆す【驚愕の真犯人】が現れる。
さらに、事件は次々と連鎖し、決して触れてはならないとされる「第九」の闇、【貝沼事件】へとつながっていく。
そこには、今は亡き薪の親友、元「第九」メンバー・鈴木克洋(松坂桃李)が自分の命と引き換えにしてまで守ろうとした、絶対に知られたくない【第九最大の秘密】が隠されていた…。

岡田は、薪に抜擢され「第九」に新しく配属された新人捜査官・青木一行を演じる。青木は、家族を殺された過去があり、犯罪心理学、法医学に精通。寝たきりになった父親の看病をしながら、MRI捜査に取り組むという役柄だ。

この日はまずレッドカーペットセレモニーが執り行われ、新宿のど真ん中に敷かれたレッドカーペットを登壇者11名が観客の歓声に応えながら歩いた。歩いた感想を聞かれ岡田は、「緊張して汗が出てしまいましたが(笑)、楽しく歩かせていただきました。」と笑顔でコメントした。

その後、劇場へ場所を移し舞台挨拶が行われ、挨拶の前に生田斗真さんにレッドカーペットで緊張のあまり耳を掻きすぎて真っ赤だと暴露された岡田は、「僕にとって貴重な体験をさせてもらった映画です。骨太な作品になっていますので、満足していただけると思います。楽しんでいただけたら嬉しいです。耳が赤くてすみません(笑)。」と笑いも交えて挨拶。

自身が演じた青木は骨太で野心的な新人捜査官で、大きなチャレンジだったと語っていた岡田だったが、「監督にクランクイン前から今まで見せたことのない一面を見せてほしいと言われていて、僕自身も青木と同じように骨太になれるように一生懸命現場で演じさせていただきました。」と撮影を振り返った。

舞台挨拶終盤には、同作が7/14からカナダのモントリオールで開催される「第20回ファンタジア国際映画祭」のコンペティション部門に出品されることが発表された。また海外からも問い合わせが殺到しており、韓国、台湾、中国、フィリピンの4ヶ国での公開がすでに決定している。

映画「秘密 THE TOP SECRET」は8/6(土)全国ロードショー。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top