shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

中川大志 映画「全員、片想い」初日舞台挨拶!

中川大志出演映画「全員、片想い」が7/2(土)公開初日を迎え、新宿ピカデリーで行われた舞台挨拶に中川が登壇した。

FMヨコハマの『BANG BANG BANG』という番組で“片想い”をテーマにしたトークが原案の同作。日本最大級の小説投稿サイト『E★エブリスタ』とFMヨコハマの共同企画として、“片想い”をテーマにした投稿小説を募集、その投稿企画から選出された電子小説4本と映画オリジナルストーリー4本からなる8つの切なくも温かい物語が描かれる。
また同番組のパーソナリティーを務める加藤雅也さんが、劇中でもラジオパーソナリティー・三崎透役で出演し、リスナーから募った片想いエピソードを7週連続で紹介する特集企画をスタート。三崎自身も誰かに恋している、そんな物語がリンクしながら進んでいく。

物語の中のラジオ番組で、1週目に紹介される片想いエピソード「MY NICKNAME isBUTATCHI」に中川は出演。
女子高生のノムラ[杏奈](伊藤沙莉さん)とサタケ[佐竹](中川)は幼馴染。幼い頃にいつもカサブタを作っていたノムラに“ブタっち”というあだ名をつけたのもサタケだった。そんなサタケにノムラは密かに想いを寄せていたのだが…。

上映前に行われた舞台挨拶で中川は、「キャストも監督も異なった8つのエピソードが1つになった映画で、豪華だなと思うその中に一緒に立たせていただいて、すごく幸せです。このあとの上映を楽しみにしていてください。よろしくお願いします。」と挨拶。

自身が出演した『MY NICKNAME is BUTATCHI』は、同作のトップバッターとなるエピソードだが、「撮影をしている時はトップバッターだということを知らず、僕たちの作品でお客さんが帰ってしまったら申しわけないと思い、すごくプレッシャーでした。」と心境を語ると共に、ラストシーンに自信があると力を込め、「画も綺麗ですし、観ていただけたら分かると思うのですが、僕たちが死にもの狂いで体を張って走り続けるシーンがあるので、注目してほしいです!」とPRした。

映画「全員、片想い」は、現在大ヒット公開中。
ぜひ劇場でお楽しみください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top