shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

田辺桃子 「IZU CRAILE」出発セレモニーに出席!

田辺桃子が7/16(土)小田原駅構内で行われた「IZU CRAILE(伊豆クレイル)」出発セレモニーに出席した。

JR東日本が運営する「IZU CRAILE(伊豆クレイル)」は、伊豆の景色を眺めながら「食」と「お酒」、「会話」を楽しむをコンセプトに、7/16(土)より小田原~伊豆急下田間で運行がスタートしたリゾート列車。エクステリアデザインは桜や海風、さざ波といった、伊豆ゆかりのモチーフをピンクゴールドのラインで表現され、インテリアデザインは和モダンをベースに、伊豆の豊かな自然を感じる心地よい空間を演出している。また、全席グリーン車指定席のゆったりとした車内、大きな窓に面した座席、お酒や伊豆の地産品を揃えた「のもの」商品を販売するバーカウンター&ラウンジなど、エレガントな大人の列車旅が楽しめる。

さらに、車内で提供されるオリジナル料理は、女性に人気のフレンチレストラン東京・目黒「モルソー」の秋元さくらオーナーシェフが監修を担当。「美しく・楽しく・親しみやすく」をモットーに自然豊かな伊豆の食材を使用した四季折々のメニューが登場する。また、小田原駅改札内のコンコースには乗車専用ラウンジもオープン。小田原産の木材をふんだんに使用した休憩スペースで、旅の始まりまでのひとときを過ごすことができる。

そんな、大人においしい、旅のレシピを提案するJR東日本の【横浜支社】が、今年の10月で創立20周年を迎えるにあたり、利用客との間をつなぐコミュニケーションのシンボルとなるオフィシャルキャラクターを採用。そのキャラクター(Yキャラ)に田辺が選ばれ、ポスター・パンフレットなどの宣伝物への登場だけではなく、イベント・取材への参加体験を通して、横浜・鎌倉・神奈川・伊豆等のエリアの魅力を発信してゆく。

この日、田辺はYキャラとして出発セレモニーに出席。一番列車に乗務する主任運転士・森可奈さんへ花束を贈呈し、イベントに華を添えた。

また、記念すべき一番列車の入線をホームでお出迎え。晴れ渡る空の下、進行の合図と共に列車が伊豆急下田への旅に向けて出発すると、手を振りながら笑顔で見送った。

出発セレモニーに出席し田辺は、「出発式に参加できたのが初だったので、緊張しましたが、とても喜ばしい限りでした。初めて伊豆クレイルの車体を見たときの胸の高鳴りが今でも忘れられません。あの列車の清々しい出発と共に、私もYキャラとしてもっとPRしていけるよう頑張りたいです。」と話した。

田辺はYキャラとして、横浜・鎌倉・神奈川エリアのブランディングポスターやイベントガイドブックに登場するほか、10月に行われる駅イベントなどに出演予定。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top