shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

廣瀬智紀 映画「天秤をゆらす。」完成披露イベント!

廣瀬智紀主演映画「天秤をゆらす。」の完成披露イベントが、7/31(日)都内で行われ、廣瀬が登壇した。

同作は、万年モラトリアムなダメ男2人の成長を描いた映画『カニを喰べる。』、『羊をかぞえる。』に続くシリーズの第3弾。前作から登場した廣瀬演じる丸井裕之にスポットをあてたスピンオフ作品で、同シリーズならではの先が読めないファンタジーな内容となっている。

超がつくほどのお人好しである丸井(廣瀬)に温泉旅行に誘われ、緑豊かな山奥まできた田宮治(染谷俊之さん)と青島豪志(赤澤燈さん)の3人。
案の定、秘湯と呼ばれる温泉に向かう途中に迷子になり、責任をなすりつけ合う田宮と青島、そして仲裁に入る丸井。そんな3人が森を彷徨っているうちに突然死体を発見してしまう。慌てふためく中で、田宮・青島とはぐれてしまった丸井は、“ガイコツの滝”を探しているという2人の少年に出会い、行動を共にする。
一方、田宮と青島ははぐれてしまった丸井の心配をしながらも、事あるごとに口論となる。お互いに愛想をつかした2人の関係はギクシャクし、険悪な雰囲気に。
そんな中、秘湯への道中に3人が立ち寄った蕎麦屋で出会った男が、執拗に3人の行方を追っており…。
果たして、丸井ら3人は無事に再会できるのか!?また、謎の2人の少年の正体、男の目的とは一体!?

舞台挨拶で、撮影を通して印象に残っていることについて聞かれた廣瀬は、ほとんどのシーンが森で撮影されたため、「森ですね(笑)。」とコメント。

劇中で落とし穴に落ちるシーンについて問われ、「意外と深かったです(笑)。長い距離を走って穴に落ちるのですが、場所がしっかりと把握できていなかったので、怖かったです。」と話し、撮影時に擦りむいた傷痕を客席の方に見せながら、「絆創膏でかぶれてしまって。」とオチを付け加え、会場の笑いを誘った。

さらに、劇中に登場する少年たちが物語の展開を左右していくことになぞらえ、小学生の頃の自分に言いたいことは?との質問に、「特にないです。と言うのも、過去の自分があって今の自分があるので。」と語った。

最後に、「シリーズを通して積み重なったものがあってできた作品ですし、ファンタジー要素のある作品でキーパーソンとなる役を演じられて嬉しく思いました。短い撮影期間でしたが、全員が力を合わせて頑張りましたので、公開されましたら劇場にも是非足を運んでいただけたらと思っています。」と、メッセージを送った。

映画「天秤をゆらす。」は、2016年初冬公開予定。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top