shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

岡田将生 映画「秘密 THE TOP SECRET」公開直前〈マインドハック〉イベント!

岡田将生出演映画「秘密 THE TOP SECRET」の公開直前〈マインドハック〉イベントが、7/25(月)ユナイテッド・シネマ豊洲にて行われ、岡田が登壇した。

同作の原作は、清水玲子さんの大ヒットコミック「秘密 THE TOP SECRET」(白泉社刊・メロディ連載)。最先端の科学技術によって、死んだ人の脳に残された記憶を取り出して映像化することに成功。その〈MRI捜査〉で、難事件の謎を解明するという驚異の設定で、少女マンガ界に革命をもたらした作品だ。実際にあった事件や社会問題を大胆に取り入れてリアルに仕上げたストーリーと、登場人物それぞれが隠す驚愕の〈秘密〉で読者を引き付け、ロングセラーを記録。2011年には第15回文化庁メディア芸術祭優秀賞に輝いた、伝説のコミックの待望の映画化が実現した。
衝撃の〈脳内映像〉から幕を開け、〈次々と連鎖する事件〉、そしてラスト、事件の裏に隠された、想像を超える〈最大の秘密〉に、深く心揺すぶられる。

岡田は、〈MRI捜査〉を駆使して、迷宮入りした事件の謎に挑む警視庁の特別機関「第九」に新しく配属された捜査官・青木一行を演じる。家族を殺された過去があり、犯罪心理学、法医学に精通している。寝たきりになった父親の看病をしながら、MRI捜査に取り組む。

同イベントでは、人の心を操ることのできるマインドハッカーとして世界的に注目されているトニー・ジャンさんと、劇中で脳内潜入のプロを演じた岡田・生田斗真さんが対決。

対戦の内容は、ドミノの駒を岡田と生田さんが相談の上、どちらかが右手、左手のどちらかに握り、それをトニーさんが当てるというもの。わずかな表情の変化や手の筋肉の動きを読み取り正解を導き出していくトニーさんの姿に岡田は「(心が)のぞかれている感じです。」とコメント。2度にわたる対戦で、見事に正解を言い当てられてしまい「参りました。」と苦笑いを浮かべていた。

最後にご来場いただいた皆様へ向けて、「今まで僕自身がやったことない役にチャレンジさせていただきました。観たことのない映画になっていると思いますので、この『秘密 THE TOP SECRET』という映画をぜひ色々な方々に広めていただけたら嬉しいなと思っています。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、イベントを締め括った。

映画「秘密 THE TOP SECRET」は、8/6(土)より全国ロードショー。
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top