shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

森尾由美 アニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」取材会!

森尾由美出演アニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の取材会が8/13(土)都内で行われ、森尾が出席した。

同作は1976年6月に発売された集英社「週刊少年ジャンプ」29号に、「月例ヤングジャンプ賞入選作品」の読み切りとして掲載され、同年9月発売の「週刊少年ジャンプ」42号から連載が開始された国民的ギャグ漫画。主人公の警察官・両津勘吉が勤務する亀有公園前派出所を舞台に繰り広げられる、ギャグ要素たっぷりのコミカルなストーリーと個性的なキャラクターが人気を博し、幅広い世代から通称・こち亀で愛されている。

2006年には連載30周年を迎え、2013年には連載通算1,800回を突破。アニメ版も1996年から2004年にかけて、フジテレビ系にてレギュラー放送され、2005年からは単発の特別番組として、2008年まで不定期に新作エピソードがオンエアされてきた。

そして、1976年の連載開始から一度も休載されることなく、ついに2016年秋、40周年の金字塔を打ち立てる同作の8年ぶりとなるアニメ化が決定!
ラサール石井さん(両津勘吉役)、森尾(秋本麗子役)、宮本充さん(中川圭一役)、佐山陽規さん(大原大次郎役)といったおなじみのキャストが大集結し、久しぶりの新作でも以前と変わらない、息ぴったりの掛け合いに期待が高まっている。

取材会にて、8年ぶりに完全新作アニメが放送されると聞いた時の感想を聞かれ森尾は、「10年超えたらないと思っていたので、ギリギリ8年というところでやっていただけて、本当に嬉しかったです。」と笑顔でコメント。

アフレコ収録を終了し、「アフレコのお仕事は8年ぶりだったので、すごく緊張して、最初の一声を出すのが怖かったです。」と振り返った。

また、今回の出演を通して改めて自身が演じた麗子に対して感じたことについて、「麗子ちゃんはたぶん、両ちゃんのことが好きだと思うんです。そして両ちゃんのやることに麻痺してしまっているところも(笑)。爆破したり、どこか違う世界に行ってしまったりすることに慣れてきてしまっているのか、何をしても両ちゃんを微笑ましく見ている麗子ちゃんが最近はカワイイなと思えるようになりました。」と語った。

アニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」は9/18(日)09:00~フジテレビにてO.A。
ぜひご期待ください!

【物語】
ここは葛飾区亀有公園前派出所。また、商店会の面々にボーナスをむしり取られ、ふて腐れている両津勘吉。テレビでは、アッタカイーノ王国のサブリナ王女の来日が伝えられている。
そんなことに全く興味のない両津は、いつものように超神田寿司のアルバイトに励んでいる。すると出前の途中で、誘拐事件に遭遇する。誘拐犯から助け出した少女は、なんと超神田寿司の孫娘・擬宝珠檸檬にそっくりなサブリナ王女だった。
檸檬とサブリナはすぐに意気投合。日本文化に興味があり下町を見たいというサブリナ。檸檬は、サブリナのために両津を巻き込んだある作戦を考える。欲に目がくらんだ両津は、同僚の中川圭一と秋本麗子を巻き込み作戦を実行する。
次の日、両津の案内で下町見物を堪能し大喜びのサブリナ。しかし、犯人グループは王女誘拐を諦めていなかった。誘拐事件が、下町を巻き込んだ大騒動に発展!両津は下町を、みんなを守れるのか…!!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top