shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

市原隼人 ドラマ特別企画「往復書簡~十五年後の補習」出演決定!

市原隼人が9/30(金)TBSにて放送されるドラマ特別企画「往復書簡~十五年後の補習」に出演することが発表された。

同作は、ベストセラー作家・湊かなえさんの短編集「往復書簡」(幻冬舎文庫)所収の「十五年後の補習」のドラマ化。
OLの万里子と、辺境の国へ赴任中の恋人・純一の間で交わされるエアメールの中で、2人が中学生の頃に関わったある事件の真相が紐解かれていく。「往復書簡」のタイトルのとおり、原作は交わされる手紙の文面上で進んでいき、劇中では登場人物たちの背景を掘り下げるオリジナルストーリーも追加。物語をよりドラマティックに描いていく。

市原は、松下奈緒さん演じる万里子の恋人・永田純一役を演じる。純一は15年前の事件で万里子を救い、以降万里子をずっとそばで支えてきた。だがある日突然、国際ボランティアとして海外へ旅立ってしまう。新たな殺人事件が起こり戸惑う万里子と、遠く辺境の地から手紙のやりとりを交わすという役どころだ。

ドラマ特別企画「往復書簡~十五年後の補習」は9/30(金)20:57~TBSにてO.A。ぜひご期待ください!

【ストーリー】
OLの万里子は、恋人の純一が突然、辺境の国へ旅立ってしまったことに戸惑っていた。国際ボランティアに志願し、発展途上国の子ども達に勉強を教える任に就いた純一は、あと2年は帰ってこない。そんな大事なことを、純一は自分にも家族にも相談せずに決めてしまった…その理由は何なのか。電話も通じず、万里子は純一に宛てた手紙に不安な思いをつづることしかできない。
あくる日の朝、材木倉庫で女性の焼死体が発見される。現場を訪れた刑事の亀山の脳裏によぎったのは、15年前に同じ倉庫で起きた放火殺人だった。
15年前――。出火した材木倉庫の中に、当時中学生の万里子と、同級生の一樹が閉じ込められた。万里子は駆けつけた純一に救出されたが、一樹は死亡。倉庫に外からかんぬきがかけられていたことから、放火殺人の線で捜査され、万里子たちの同級生である康孝に疑いがかけられた。だが、康孝は事件翌日に自殺。真相は解明されないまま、捜査は打ち切られたのだった。担当刑事だった亀山は、その結末をとても悔やんでいた。
死んだ女性の身元は、康孝の母親・綾子だと判明。その報道に驚く万里子のもとに、亀山が訪ねてくる。「15年ぶりですね。万里子さん、記憶は?」…実は万里子は、15年前の事件の直後、ショックで事件の記憶を失っていた。そして記憶の扉は、いまでも開かれていなかった。
数日後。綾子の告別式に、15年前の事件に関与した子どもたちの親が揃った。一樹の母親・百合は、息子の死の真相を知りたいがあまり、記憶を取り戻そうとしない万里子を責める。「純一君は万里子さんが思い出したら困ることでもあるのかしら?」
そんな中、海外の純一から手紙の返事が届く。そこには万里子の知らなかった、純一のある告白が書かれていた。次第に不安に押しつぶされていく万里子は、15年前の記憶が断片的に蘇るようになる…。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top