shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

森尾由美 「SAITAMA Smile Womenフェスタ2016」に出演!

森尾由美が9/11(日)さいたまスーパーアリーナで行われた「SAITAMA Smile Womenフェスタ2016」に出演した。

埼玉県では、女性の活躍により経済の活性化を目指す「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」を展開し、全国に発信。この取り組みの一環でもある「SAITAMA Smile Womenフェスタ」は、“女性による消費の拡大”、“女性の多様な働き方の提案”、“女性の活躍の場の拡大”をテーマに、女性が自分らしく輝くヒントを見つけ、 その笑顔で埼玉を元気にすることを目指し行われている。イベントでは女性企業家によるビジネスプレゼンテーションや、働きたい・働き続けたい女性に多様な働き方のヒントを提供するほか、女性に嬉しいグッズやサービスの展示ブース、家族で楽しめるステージショーなど、楽しみながら多くの学びを得ることができる。

森尾はメインステージで行われた“もっと私を楽しもう♪~今も未来も笑顔で輝くためのヒント~”と題したスペシャルトークショーに出演。この日は、子供連れの来場者も多く見受けられたことから、女性の仕事と家庭・育児の両立について、「こういった会場にパパも一緒に来てくれたりしている時点で、かなりご家庭でも協力をされているご主人が多いのではないかと思います。やはり、できる限り子育てはパパとママとでしたほうが良いかなと。私の少し前の世代ですと“子育ては母親の仕事”といった役割分担がありましたが、今は“イクメン”という言葉もあるように、参加してもらえる機会も増えたと思いますので、ずいぶんと両立がしやすくなったのではないかと感じています。」と自論を展開した。

さらに、自身の経験を聞かれ、「『大好き!五つ子』というドラマをやっていたことがありまして、スタートした当時、2人目が生後6ヶ月だったんです。現場に連れていき、初めてつかまり立ちしたのが撮影スタジオの楽屋(笑)。撮影所の近くにある小児科の診察券も作りましたし、お昼休みに急いでご飯を食べて近くのスーパーに長女のお弁当の食材を買いにいき、帰ってからお弁当の支度をしたり…母親から協力はするけれどお弁当だけはちゃんと作りなさいと言われていて、当時の台本を見ると隅っこにお弁当の材料が書いてあります。ちょっと前ですと現場に赤ちゃんを連れていくなんて考えられなかったことなので、大変ではありましたが本当にありがたかったです。」と振り返った。

そんな目まぐるしい毎日に、気分転換で行っていたことは?と質問され、「気分転換をする時間はありませんでしたが、友だちの存在が大きかったです。いわゆる“ママ友”。予防接種の情報をもらったり、幼稚園・保育園の状況を教えてもらったりすることが、気分転換であり、一番の情報源でもありました。忙しくはありましたが、結婚してからの方が健康的になったんです。それは、子供に“これを食べさせたい”“規則正しい時間を過ごしてもらいたい”と考えていたら結果的に自分にとっても良かったのだと思います。」と答えると共に、当時のライフスタイルを、「実は子供が生まれてから実家の近くに引っ越しをしたんです。もともと主人がアメリカで仕事をしていたので、私はどこで暮らしても大丈夫な状態。なので、近くに引っ越して子育てを手伝ってもらいながら仕事を続けていました。母には本当にお世話になりました。公園デビューの時にも母が公園を選んでくれてデビューさせてくれたりもしたんです(笑)。」と話した。

子供のお弁当作りを続けていたことがこだわりの1つだったという森尾が、その他に心がけていたことについて、「一旦決めたルールは変えないことです。20歳までは門限を19時と主人が決め、お友達は19時になんて帰ってないことは重々承知していましたし大変ではありましたが、夫婦間のブレがあると問題なので、そこは心がけました。」と語った。

また、自分らしくキラキラと生きていくためのヒントを、「あまり考えない、考えすぎないことがストレスフリーに繋がっているのかもしれません。母にはよく怒られたのですが、私は明日やることは今日できたとしてもやらないんです(笑)。でも母は、今日できるのであればやりなさいというタイプ。“今日は子供と遊ぶ”、“今日は一人で映画を観る”と決めたら、そこは譲らないです。もちろんそういった性分でない方もいらっしゃると思いますが、頑張りすぎると疲れてしまう気がするので。」と語った森尾。今後チャレンジしたいことについて、「子供が大きくなり手がかからなくなったかわりに心配事は増えますが、主人のほうが“いつまで一緒に出掛けてくれるのかな”とか心配しているかもしれません。なので、なるべく子どもと主人の間に立って旅行や食事の回数を増やすことはしていきたいと思い心がけています。その為に、今、ベランダを大改造していまして…。DIYのワークショップに通って、自分でフェンスやベランダに置く椅子を作ろうと思っています。一番欲しいのは、電動ドリル。良いのがあったら教えてください(笑)。」と笑顔を見せた。

そして最後に、「今日は日曜日ですので、イベントを思いっきり楽しんでいただいて、爽やかな月曜日を迎えられますように―。オンとオフが大事だと思いますので、皆さん頑張って子育てしてください。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top