shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

岡田将生 スペシャルドラマ「不便な便利屋 2016 初雪」(仮)放送決定&「第11回札幌国際短編映画祭」正式出品決定!

岡田将生主演ドラマ『不便な便利屋』がスペシャルドラマ「不便な便利屋 2016 初雪」(仮)として今冬放送されることが決定。さらに、劇中で制作されるショートフィルムを『第11回札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト2016)』に正式出品することが発表された。

同作は、2015年4月からテレビ東京系で放送された『不便な便利屋』のスペシャルドラマ。
連続ドラマの劇中で、“1時間で作るスノーマン(雪だるま)の数”を競い、過去の記録を上回る2036体を記録してギネス世界記録を見事更新するという“ガチのドキュメント”を“フィクションであるドラマ”に融合させるという新境地を開拓しており、スペシャルドラマにおいても、今までにない“常識破りな仕掛け”として、劇中で制作されるショートフィルムを、札幌市で開かれる国際映画祭に正式出品し、ドラマのストーリーとどのように融合していくのかと注目を集めている。
脚本・監督を務めるのは、連続ドラマに引き続き、『水曜どうでしょう』の企画&出演者であり、舞台演出や執筆活動など幅広く活躍する北海道のクリエイター・鈴井貴之さん。
秋の美しい北海道を舞台に、3人の愛すべき男達の、ちょっぴり心温まるハートウォーミングコメディをお届けする。

真っ白な雪に閉ざされた北海道の名も無き町の便利屋には、おせっかいを絵に描いたような便利屋のオーナー・松井英夫(鈴木浩介)と、離婚歴3回の元刑務官・梅本聡一(遠藤憲一)がいた。
勘違いと妄想が甚だしい主人公の脚本家・竹山純(岡田)があの町を去って1年半…。再び舞い戻って来る竹山を“予想不可能な出来事”と“運命のいたずら”が手招きをして待ち受ける!

岡田は、「撮影中から皆さんと続編がやれたらいいねと話していましたが、やっとできます。待ってました。遠藤憲一さん演じる梅本聡一(バツさん)、鈴木浩介さん演じる松井英夫との掛け合いが楽しみでしようがないです。また一段とパワーアップして帰ってくるので、僕自身楽しみながら最高の作品をお届けできるよう頑張ります!」と意気込みを交えてコメントした。

スペシャルドラマ「不便な便利屋 2016 初雪」(仮)(テレビ東京)は、年末年始放送予定。『第11回札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト2016)』は10/10(月)~16(日)札幌市で開催。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top