shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

濱田岳 ドラマスペシャル「釣りバカ日誌 ~新入社員 浜崎伝助~」(仮)主演決定!

濱田岳が主演を務め2015年10月に放送された連続ドラマ「釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~」(テレビ東京系)が、スペシャルドラマとして復活することが決定した。

万年平社員・ハマちゃんと社長・スーさんの“釣りバカ”コンビの珍騒動を描く「釣りバカ日誌」は、『ビッグコミックオリジナル』で連載中のやまさき十三さん作、北見けんいちさん画のマンガ原作で、西田敏行さんと故三國連太郎さんで映画化され、国民的映画シリーズとして2009年の完結編まで全22作が製作された。その後、昨年初めて連続ドラマ化として放送され、新入社員時代のハマちゃんを描いたストーリーで人気を博した。
スペシャルドラマ版では、鈴木建設に入社してから1年が経ち、マイペースっぷりに拍車がかかった“釣りバカ・サラリーマン”ハマちゃんと、ハマちゃんの出張がきっかけで伊勢・志摩へ向かうことになる一行の姿が描かれている。
撮影は、東京にある、おなじみの鈴木建設営業三課やかづさ屋に加え、ドラマ版初の地方ロケとなる三重県伊勢・志摩で行われており、映画版・昨年の連続ドラマ版に続き朝原雄三監督が、演出を務めている。

連続ドラマに引き続き、主人公・浜崎伝助を演じる濱田は、「釣りバカが特番で復活します!キャストもスタッフもほぼ一緒のメンバーです。そういう体制で再び釣りバカに臨めるのは、それはもう、とても嬉しいことです。」とコメント。

撮影について、「衣装合わせをして、実際に始まるんだと実感すると緊張しました。西田敏行さんや三國連太郎さんたちが作り上げてきた世界観を改めて意識したということがあります。あとは、またしっかりふざけなきゃいけないなっていうプレッシャーです(笑)。撮影が始まり、西田さんとセリフのキャッチボールを始めたら、あっという間に楽しくなり、ハマちゃんスーさんの関係に戻るのに時間はかかりませんでした。初日から西田さんには助けていただきました。今回、特番の舞台が伊勢・志摩です。連ドラ以上に大きなスケールでお届けします。僕自身、 釣りバカでの地方での釣りシーンは、一人のファンとしても楽しみにしていました。撮影していると、すれ違う漁船の漁師さんが喜んでくれたりして、地元の方の応援がすごく嬉しかったです。改めて先輩たちが作りあげた釣りバカの力を実感した瞬間でもありました。」と話した。

また、地方で行った撮影について、「英虞湾は穏やかな海で、透明度も東京とは比べ物にならないほど高い綺麗なところでした。撮影もしやすくて、釣りバカ向きの海でした!また、噂には聞いていた、釣りバカ地方ロケ恒例の、(お酒の入った)夜のミーティングにも参加できました(笑)。やはり西田さんとともに参加できたのは光栄でした。釣りバカのスタッフのみんなとずっと一緒にいれたことで、チームの結束力がより高まったと思います。」とエピソードを交えて語った。

最後に、放送をご覧になる方へ向けて、「今回のスペシャルドラマの見どころの一つに、それぞれのキャラクターがよりパワーアップしています。みち子さんは、ハマちゃんと付き合い始めて少し女の子らしくなっていますし、鈴木建設の重役たちは、これまで以上にキャラクターが濃くなり、佐々木課長はより一層ボケ倒すようになりました(笑)。いい意味でのバカバカしさを追求して、原作や映画版にも負けないほどの見応えある作品に出来ればと思っています!」とメッセージを送った。

ドラマスペシャル「釣りバカ日誌 ~新入社員 浜崎伝助~」(仮)はテレビ東京系にて放送予定!
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク
  • シェア

pagetop

page top