shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

岡本杏理 映画「インターン!」トークイベント!

岡本杏理出演映画「インターン!」のトークイベントが10/23(日)シネ・リーブル池袋で行われ、共演の新木優子と共に出演した。

同作は、近年、会社で実際に取り入れられている、大学生向けのビジネス実践型プログラムとして仕事を体験する“インターンシップ”制度をテーマに、ゆとり世代であり優柔不断で自信のないヒロインが、インターンにチャレンジしていく中で、自分の可能性に気づきながら成長していく物語。

トークイベントの前に、専属モデルを務める雑誌『non-no』最新号のお渡し会を行ったが、「今回は私たちの先輩・大政絢ちゃんの卒業号ということで、それを皆さんに直接お渡しすることができて嬉しかったです。最新号では流行りのコーディネートに黒い靴を合わせるとさらに今っぽくなるという企画をやらせていただきまして、すごく参考になると思います。」と話した。

さらに、秋冬のファッションのポイントを聞かれ、「昨日、衣替えをしたのですが、見事に黒とピンクばかり(笑)。今年は“くすみピンク”が流行っていて、その影響か黒白が多かったのですがピンクが増えていて、今年の秋冬はピンクを取り入れようかなと。洋服だけではなく、ネイルやメイクに取り入れてもカワイイかなと思っています。」と答えた。

また、普段の買い物について、友達と一緒に買い物をする新木に対し、「一人で買い物をします。人に付き合わせるのが申しわけないなと思ってしまって…。優子ちゃんとは展示会などで何度か一緒に洋服を見に行ったことがあるのですが、“これ杏理ちゃんに似合うよ!”って薦めてくれてパパッと決めってくるんです。」と笑顔で語った。

その後、新木・岡本が出演する映画「インターン!」についての話に変わり、「優子ちゃんと雑誌では一緒にやっていましたが、お芝居では初めてで、やっと共演することができました。今回、クランクイン前に一緒にご飯を食べに行ったんです。どんな作品にしたいとか話すことができましたし、いつも仲良くしていただいているメンバーと一緒に作品を作ることができて嬉しかったです。」と話した。

岡本演じる浜崎真希は男性が憑依してしまうという役どころだが、「もともと台本にはなくて、吉田(秋生)監督が思いつきでなったもの。今までお世話になったスタッフさんも多かったので安心して演じることができて、好き勝手に楽しくやらせていただきました(笑)。」と撮影を振り返った。

また、作品にちなみ、もしも別の職業に就くとしたら?という質問があがり、「この仕事を始める前はずっとスポーツをやっていて、バレーボールとか近くに体操教室あってトランポリンをやっていたので、スポーツに関わる仕事のインターンを受けてみたいと思います。」と語った。

そして最後に、「インターンのリアルなものと、佐野岳さん演じる死神が出てくるファンタジー要素が合わさって見やすく、だけど心に響く言葉がたくさん詰まっているので、気軽に観て、“あの言葉すごく大事だったな”とか、行き詰った時に思い出していただけると嬉しいです。よろしくお願いします。」とメッセージを送った。

映画「インターン!」は11/5(土)シネ・リーブル池袋、シネ・リーブル梅田ほか全国ロードショー!
ぜひ劇場でご覧ください。

【ストーリー】
大学三年生の川倉晴香(新木優子)は、親友の浜崎真希(岡本杏理)に誘われインターンシップ説明会に行った帰り、車にはねられそうになる。それを助けようとしたのは説明会に登壇していたその企業のCEO牧野正幸(風間トオルさん)だった。病院の集中治療室で目を覚ました牧野は、死神(佐野岳さん)と遭遇し、ベッドに横たわる抜け殻の自分を見せつけられる。死神曰く、交通事故で死ぬ運命だった晴香を助けたことで、牧野が死ぬ運命に変わってしまったと。二人とも助かるには、晴香の未来を変えなければならないと言う死神に、牧野は彼女がインターンで成績優秀者となって入社パスを手に入れれば、未来を変えることができると思いつき、真希に憑依して晴香のインターンをサポートしていくことにする。だが、晴香は真希を無視し自力で課題に取り組んで悪い成績しか取れない。彼女は入社パスを手に入れることはできるのか?
  • はてなブックマーク

pagetop

page top