shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

小松菜奈 映画「溺れるナイフ」初日舞台挨拶!

小松菜奈W主演映画「溺れるナイフ」が11/5(土)公開初日を迎え、TOHOシネマズ新宿で行われた舞台挨拶に、小松が登壇した。

同作は、講談社「別冊フレンド」に連載され(2004 年~2013 年)、洗練された世界観と、リアルな心理描写で熱狂的に愛され続ける、累計発行部数170万部を突破した少女マンガ「溺れるナイフ」の待望の映画化。

15歳の夏。東京から遠く離れた浮雲町に越してきた、人気モデルの望月夏芽(小松)。
退屈でウンザリするようなこの町で、夏芽は体を貫くような“閃光”と出会ってしまう。それは、コウと呼ばれる少年・長谷川航一朗(菅田将暉さん)だった。
傲慢なほどに激しく自由なコウに、反発しながらも、どうしようもなく惹かれてゆく夏芽。コウもまた、夏芽の美しさに対等な力を感じ、やがてふたりは付き合いはじめる。「一緒にいれば無敵!」という予感に満たされるふたり。しかし浮雲の夏祭りの夜、全てを変える事件が起きるのだった―。
失われた全能感、途切れてしまった絆。
傷ついたふたりは、再び輝きを取り戻すことができるのか。未来への一歩を踏み出すために、いま、ふたりがくだす決断とは―。

上映後の舞台挨拶にて小松は、「お越しいただきましてありがとうございます。今日は渋谷から舞台挨拶をしていますが、朝早くからこの作品を観てくださった方がたくさんいらっしゃって、とても嬉しいです。短い時間ですが、よろしくお願いします。」と挨拶。

同作で小松は、ティーンモデルとしての絶頂期に田舎へ引っ越し絶望するも、コウとの出会いで変わっていく主人公・望月夏芽を演じるが、自身のモデル活動が影響している部分はあったかと質問され、「12歳からモデル活動をさせていただいているのですが、モデルの経験がなかったら表現できないものもあります。モデルから女優になったことは私的にはすごく良かったですし、夏芽も私と同じ道をたどっているので、近いものを感じることができました。」と語った。

そして最後に、「17日間というタイトな撮影で、過酷すぎて“明日死んでしまうのではないか”と思うくらいの感覚でした。撮影中、公開できないかもと思うほど撮れないシーンもあって。物作りの大変さを痛感しながらも、今日初日を迎えることができて、純粋に嬉しく思います。ぜひまた皆さんにこの作品を観ていただきたいです。ありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「溺れるナイフ」は絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top