shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

中村ゆりか ドラマ「舞え!KAGURA姫」記者会見!

中村ゆりか出演、広島発地域ドラマ「舞え!KAGURA姫」(NHK BSプレミアム)の記者会見が、11/7(月)NHKで行われ、中村が出席した。

同作は広島県北部に伝わる神楽をテーマに、都会で生きづらさを感じていた主人公が、神楽と出会い、神楽を愛する人々と関わることで明日を生きる力、家族や友人との関係を見直していく青春エンターテインメント・ドラマ。

東京で暮らしていた高校生の児玉咲子(葵わかな)は、母・児玉美土里(大塚寧々)の離婚をきっかけに美土里の故郷、広島に移り住むことに。そこは江戸時代から伝わる豪華絢爛、アクション満載の古くて新しい不思議な「KAGURA」の里だった。咲子は、転校先で地元の今どき女子高生・美川珠希(中村)と出会う。周囲に同調する事に慣れた咲子とは違い、珠希は自由奔放な態度で咲子を神楽の世界へと導いていく。
2人は神楽部で活躍する憧れの先輩・鹿島道郎(中村梅丸)や、いじられキャラの同級生・桑畑司(加藤諒)とともに夏の一大イベント「神楽甲子園」を目指すことになるが、一筋縄ではいかず波乱の展開に…
合い言葉は「空気」を読むんじゃない「息」を合わせろ!
神楽を愛するアツくて、ちょっぴり面倒くさい??人々に包まれた咲子は、時に傷つき、心を通わせながら、家族や友人との関係、ジブン自身を見つめ直していく…

中村演じる美川珠希は学校内のヤンチャグループのリーダーで、同級生の中では浮いた存在。小さい頃から慣れ親しんできた神楽のことになると突然目の色を変え、恋心を抱く道郎のため、強引に咲子を神楽の世界へと導いていくという役どころ。

会見にて中村は、「広島の神楽という伝統文化を題材にした物語に新しい感覚を持ちました。高校生が一心に神楽に取り組む意味や、登場人物の揺れ動く思いやぶつかり合いなども描かれています。神楽の迫力のある伝統的なパフォーマンスを兼ねた、素敵な青春ドラマになったと思っています。このドラマを観ていただいて、感じたことのない感情を感じていただけたら嬉しいです。もちろんわかなちゃんのパワーのあるパフォーマンスも見どころですし、地元の方々の協力や自然からのエネルギーもあって出来上がった作品。広島の方や神楽のことを知らなかった私たちのような方々にも、ぜひ観ていただけたらと思っています。よろしくお願いします。」とコメント。

共演者について、「加藤さんは個性があって最初はビックリしました。でも加藤さんから共にする仲ということで、あだ名を付けていただきまして…。梅丸さんは“うめたそ”、わかなちゃんは“ワッカーナ、そして私は“ユリカッティ”(笑)。距離がグッと縮まったと思います。また、私は初めての地方ロケだったのですが、加藤さん、梅丸さん、わかなちゃんともに、心強い存在で、4人で撮影ができて本当に楽しかったです。」と撮影を振り返りながら語った。

また同作は、オール広島ロケで行われたが、「蛍や鹿など、自然にいる生き物を目にすることは東京にいるとできないことでしたし、地元の方に優しく接していただいたり、エネルギーをいただきながら、貴重な時間を過ごせたと思っています。」と話した。

広島発地域ドラマ「舞え!KAGURA姫」はNHK BSプレミアムにて11/30(水)22:00~O.A。
ぜひご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top