shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

松雪泰子 映画「古都」完成披露試写会!

松雪泰子主演映画「古都」の完成披露試写会が11/9(水)新宿ピカデリーで行われ、監督・キャストと共に松雪が登壇した。

同作は、“日本の美と精神”を表現することに生涯をかけ、日本人として初めてノーベル文学賞を受賞した川端康成の傑作『古都』の現代版として、原作では描かれなかった大人になった主人公たちの物語を映像化。

舞台は京都とパリ。京都室町に先祖代々続く佐田呉服店。店を継いだ日から20年、佐田千重子(松雪)は、室町に生まれた宿命を娘の舞(橋本愛さん)に背負わせていいものか葛藤していた。大学生の舞は、就職すべきか、店を継ぐべきなのか迷っていた。一方、北山杉の里で林業を営む千重子の生き別れた双子の妹・中田苗子(松雪/二役)は、深刻な経営悪化に陥っていた。苗子の娘の結衣(成海璃子さん)は絵画を勉強するためパリに留学していたが、何を描きたいのかを見失い悩める日々を送っていた。それを感じとった苗子は結衣に会う為にパリ行きを決意する。舞も書道の先生がパリで開く個展へ同行する為にパリに向かう。母から娘へ受け継がれる伝統。京都の伝統に生きる家族の人生が今、交差しようとしていた―。

松雪は、繊細で思慮深い千重子と、おおらかでチャーミングな苗子の一人二役を演じる。

和装姿で登場した松雪は、「この日を迎えられて緊張と共に喜びに包まれております。本日はよろしくお願いします。(着物は)映画の中では古典のものが多かったので、今日は晴れやかな日ということで、モダンなものにしました。」とコメント。

名作『古都』が現代版になったからこそ感じたことは?と聞かれ、「今回の作品で京都の方に協力していただいているのですが、伝統的な文化がなくなってしまう危機をむかえられているというお話をたくさん聞きました。この作品を通して改めて日本人ならではの繊細な感性や美、京都の文化、日本の文化をきちんとした形で残せたらと強く思いましたし、私たちがどこまで体現できるかを思って臨みました。」と答えた。

さらに同作への思いを、「『古都』の世界のその後を描いている今作は、母と娘の物語です。伝統を継承し、親や先祖が培ってきたものや背負ってきたものを次の世代に渡していくことは、非常に難しい問題でもあり、子供たちに重圧や未来を遮断してしまう可能性もある。私が演じた千重子はその重圧を娘にどう渡していくべきかという姿を描いていて、一方、画家という才能を持ち、日本ではない場所で苦労しながら戦っている娘を支える母の姿を苗子という女性を通して演じました。出来上がった作品を観て感じたのは、川端康成先生がお書きになった小説を読み進めていった時に最初に自分が感じた感覚とリンクしているということ。小説の中では京都の街並み、そこに生きる人の強さや無垢な姿が丁寧に描かれていて、それが美しく感動的だったのですが、今回の作品もその世界観や空気感、命は全編を通してしっかりと描かれていました。また、その中で次の世代へどうやって繋いでいくかというシンプルで普遍的な物語でもあります。様々な視点で観れると思いますし、静かで穏やかな作品ですので、ぜひゆったりとした気持ちでご覧になっていただければ幸いです。本日はありがとうございました。」と見どころも交えて語った。

この日は、同作の製作に協力すると共に、モデルにもなった熊谷昌美さん・優希さん親子が来場し、登壇者に花束を贈呈。その他、同作のテーマである“ほんまもん”にこだわり、ステージ上に池坊華道会の豪華なお花と世界で活躍する書道家・小林芙蓉がしたためた『古都』の題字を展示するなど、華やかな舞台挨拶となった。

日本の伝統に生きることを選んだ二人の母親が、娘へと引き継ぐ大切なものとは何かに気付いていく姿を情感豊かに描く感動作。映画「古都」は11/26(土)京都にて先行公開後、12/3(土)全国公開!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top