shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

葵わかな 映画「ホラーの天使」初日舞台挨拶!

葵わかな主演映画「ホラーの天使」が11/26(土)公開初日を迎え、シネ・リーブル池袋で行われた舞台挨拶に、葵が登壇した。

同作は、ホラー・サスペンスで数々の話題作を生み出してきた奇才・長江俊和さん監督・脚本による超本格的ホラー映画で、物語の舞台は、現在スタジオとして使用されている廃校。
そこには、撮影の待ち時間を過ごす2人の若手女優、合宿生活を送る3人のアイドルユニット、ネタ合わせを続けるコンビ芸人がいた。
そして、そのスタジオでは、イジメで地下室に閉じ込められ、そのまま行方不明になったという女子生徒の事件をきっかけに、“アザミの呪い”と呼ばれる様々な怪奇現象が起こっていた。
女優・アイドル・芸人らは、思いもよらない恐怖体験を次々と重ねていくことになり…。

舞台挨拶にて初日を迎えた感想を聞かれ、「この映画の怖さをより多くの人と共有できるということで、とても楽しみにしていました。ホラー映画なので苦手な方もいらっしゃると思うのですが、こんなにたくさんの方に観ていただいて…。私自身、ホラー映画に出演するのが初めてだったので台本を見るのが怖かったり、映画を観た時も自分が出ているのに“キャー!”と叫んでしまったくらい怖かったです。先ほども言いましたが、怖さを共有してくださる方がもっと増えたらいいなと思っています。」とコメント。

撮影ではキャストたちが実際に撮影カメラを持つ技法が取り入れられているが、「撮影をしたことろがお化けが出ることで有名な場所だったので、できれば(カメラを持った撮影を)さっと終えたかったのですが、監督から“もうちょっと周りを映すカメラワークで”とか“もっとゆっくり歩いてほしい”とおっしゃったので、カメラマンさんって大変なんだと思いました。」と振り返ると、長江監督が、“演技よりもカメラワークでのNGのほうが多かったです”と独特な撮影方法がゆえのエピソードを語った。

さらに先日、神保町花月で行われた舞台挨拶付試写会では、マスコミのカメラが勝手にシャッターを切り出したり、劇場ドアのノック音が聞こえたり、最後はゾンビが現れるといった怪奇現象が次々に起こった。葵は、「ゾンビは仕込みですよね(笑)。私自身はあまりビックリしなかったのですが、今振り返ると怪しいことがたくさんあったなと。でも、ホラー映画らしくて良いのでは。」と話すとMCから、“今日は何も起こらないですね。お化けは大丈夫ですね”と話を振られ、「えっ?出ないですよね?」と不安な表情に変わった葵。するとMCから、“葵ちゃん、ここのキッカケですよ!”と言われると、「そうでした!悪い霊も退散したということで、この映画はヒット間違いなしですね!」と思い出したかのようにコメントし、会場は爆笑の渦に。その後、MCからも“言わされております(笑)”とツッコまれ、「すみません!」としきりに謝っていた。

最後に、「夏も過ぎ去り、ホラーが好きな皆さまにとっては、ホラー映画の公開がなくて物寂しい季節だと思います。ぜひ何回も観て一緒に寒くなっていただいたり、ストレスを発散していただければと思います。今日はありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「ホラーの天使」は現在、シネ・リーブル池袋他全国順次ロードショー!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク
  • シェア

pagetop

page top