shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

大沢ひかる 映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー」初日舞台挨拶!

大沢ひかる出演映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー」が、12/10(土)公開初日を迎え、丸の内TOEIにて行われた舞台挨拶に大沢が登壇した。

新しい仮面ライダーとかつて活躍した仮面ライダー、2人の仮面ライダーの共闘が話題となって、7年間、7作品続いたMOVIE大戦シリーズがこの度、生まれ変わる。その名も、「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー」。同作は、現在放送中の「仮面ライダーエグゼイド」(平成仮面ライダーシリーズ18作目)と、大沢がヒロイン・月村アカリ役を務め、人気を博した前作のシリーズ「仮面ライダーゴースト」のタッグに加え、レジェンドライダーの仮面ライダーウィザード、仮面ライダー鎧武、仮面ライダードライブも登場する豪華劇場版!エグゼイドのテレビシリーズに直結する秘密が明かされる事でも話題となっている。

上映前舞台挨拶に登壇した大沢は、観客の“アカリー!”という声援に「アカリ“さん”でしょ?」と役柄になりきり応えると会場から大きな歓声が。「月村アカリ役の大沢ひかるです。映画は楽しんでいただけましたか?最後まで楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶をした。

天空寺タケル演じる西銘駿さんが、お気に入りのシーンについて、TVシリーズでアカリがタケルをサポートすることが多かった中、同作ではタケルがアカリを救うシーンが印象的だったことを挙げると、大沢は「久々に守ってもらったという感じがして、タケルって男の子なんだなとあらためて思いました。」と明かした。大沢自身のお気に入りのシーンについて聞かれると、「その守ってもらった後、病室で眠っているときに、タケルが“俺がアカリを救う”と言うところがすごくかっこいいなと思いました。でもその撮影のとき、私が本番でガチ寝してまして、監督から“半目で口空いて寝てたよ”と言われて(笑)。かっこいいなと思っていたら、心地よくなってしまったんでしょうね。」と明かし、会場の笑いを誘っていた。 

映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top