shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

熊谷魁人 舞台「プリンス・オブ・ストライド」開幕!

熊谷魁人出演舞台「プリンス・オブ・ストライド」が、12/9(金)東京・シアター1010にて開幕した。

同作は、ビジュアルノベル、ゲーム企画からスタートし、ドラマCDやコミカライズ、TVアニメとメディア展開を広げてきた「プリンス・オブ・ストライド」を舞台化。“本当にカッコいいのは、本気になったヤツだけ。”スポーツの熱さ、本気な男子のカッコよさ、人を好きになる切なさを正面から描く、青春失踪ストーリーとなっている。

6人1チームで街を駆け抜けるエクストリームスポーツ――それが「ストライド」。
主人公・桜井奈々はある時、Webで見つけた方南学園ストライド部の試合動画に魅せられてしまう。“私もここで、ストライドをやりたい!”その一心で、方南学園に入学した奈々。そこで彼女を待っていたのは、同じようにストライドに引き寄せられた少年たちとの出会いだった。そして始まる、高校ストライドの東日本大会「エンド・オブ・サマー」。数々の強力なライバルが、奈々たちの前に立ちふさがる!走る速さで、結び合う絆で、方南ストライド部はライバルに打ち勝ち、この夏の頂点に立つことができるのか!?

熊谷は、方南学園2年の小日向穂積を演じる。かわいらしい見た目だが、ノリが良く、同級生の門脇歩と小芝居のような軽口を叩き合う。健気で、常に笑顔を絶やさない。大家族の長男で面倒見のいいしっかり者。

自身が演じる役柄、またその見どころについて熊谷は、「僕が演じる小日向穂積くんは常に明るく方南スト部のムードメーカー、部員の誰よりも大人で周りの子達を見守るお母さんみたいな子です。そして、演じる自分が言ってしまうほど可愛い子です!プリステが普通の舞台と違うのはやはりストライドのシーンがあること!みんなで応援して盛り上がって下さい!方南スト部の絆も見逃せない!」とコメント。

舞台にかける意気込みについて、「プリストで「本当にカッコいいのは、本気になったヤツだけ。」という言葉があるのですが、この言葉のように本気になって本当にカッコいいヤツになります!」と力を込めた。

これからご来場いただく方へ、「エピソード4まであるプリステの記念すべきエピソード1、いよいよ始まります!方南の絆、ストライド、歩くんとの小芝居を劇場のLiveで味わっていただきたいです!劇場でお待ちしております。」とメッセージを送った。

舞台「プリンス・オブ・ストライド」は、episode 1が、東京2016/12/09(金)~14(水)シアター1010、大阪12/23(金)~25(日)森ノ宮ピロティホールにて上演されるほか、2017年8月まで全4部作で上演。
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top