shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

新木優子 映画「僕らのごはんは明日で待ってる」公開直前イベント!

新木優子出演映画「僕らのごはんは明日で待ってる」の公開直前イベントが1/4(水)TOHOシネマズ新宿で行われ、新木が登壇した。

同作は、若い女性に人気を集める瀬尾まいこさんの同名恋愛小説の映画化。人生の楽しい日も辛い日もリアルに描きながら、温かな感動が待つ瀬尾作品ならではの魅力はそのままに、主人公・葉山亮太がカーネル・サンダース像を抱えて走るシーンなど、原作にはないオリジナルの展開やコミカルな演出が詰まった傑作ラブストーリーが誕生した。

この日は、葉山亮太を演じた中島裕翔さん、そして新木が新年らしく着物で登壇し、「明けましておめでとうございます。新年早々、たくさんの方々に映画を観ていただけて、すごく嬉しいです。短い間ですが、楽しんで帰っていただければと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

中島さんは年男、そして新木は年女ということで、「まずはこの作品の大ヒットを願っています。そして私自身としては、大学生活も終わり、もっと自分と向き合っていろいろなことに挑戦するような一年にしたいと思っています。」と新年の抱負を語った。

その後、超ポジティブ志向の名言が話題のカズレーザーさん、実は恋愛マスターと言われる安藤なつさんで結成される、メイプル超合金をスペシャルゲストに迎え、ラブストーリーである同作らしい恋愛にまつわるトークが展開され、同作で新木演じるヒロイン・上村小春がある秘密を抱えているからゆえに亮太のもとを去ってしまうストーリーにちなみ、中島さん、カズレーザーさんが自分の元を去っていった恋人を呼び戻すためのセリフを披露。中島さんの“僕はネガティブだから君に心配や迷惑をかけたけど、これからは君を絶対にあきらめない”というセリフ、それを受け、イケメンとはお金で勝負するしかないと自暴自棄になりながら放ったカズレーザーさんの“あの頃より、金はある!”というセリフを聞き、「どちらも戻したいんだという気持ちが強く伝わってきました。でも中島さんのほうが声のトーンが優しくて、彼女は戻ってくるのでは。強めよりも優しいほうが戻って来やすいのかなと思いました。」とコメントした。

また、亮太のようなネガティブ男子の印象を聞かれ、「亮太を見ていて素敵だと感じたのは、一途に一人の女性を思っているところ。相手のことを思いやれる気持ちや、ネガティブだからこそ相手のことをたくさん考えてくれたり、奥手になってしまう人なのかなと思ったら、すごく素敵だなと思いました。」と話した。

さらに、これまで行われた試写会のアンケートで好きなシーンとして、亮太が小春を後ろから抱きしめるところをあげた方が多かったことから、新木と安藤さんにクラスの中にいるネガティブ男子をしぐさや言葉で誘い、中島さんが良かったと思うほうをバックハグすることに。新木は、「シチュエーションは小春らしく、本を用意します。休み時間に男の子のところに行って、“今度一緒に帰りましょう”という言葉と待ち合わせ場所を書いたメモを入れた本を渡して帰る。皆さんに見られていると恥ずかしいかなと思って。」と照れながら話した。最終的に中島さんは安藤さんの“お弁当を食べているところに行き、もし良かったらそのお弁当くれないかなと言う”というシチュエーションを選び残念がる新木だったが、“奥手の男子だったら、メモが隠されていても本当に自分に渡すための本だったのかな?と思ってしまうかも”という理由に納得の様子だった。

映画「僕らのごはんは明日で待ってる」は1/7(土)TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー!
ぜひ劇場でご覧ください。

【ストーリー】
無口でネガティブな葉山亮太(中島裕翔さん)と太陽のように明るく超ポジティブな上村小春(新木)は、高校生の時出会って、付き合い始めた。
性格は正反対だけど、運命の恋だった。
二人が大学生になったある日。突然、小春は亮太に別れを切り出す。
実は、小春は亮太に言えない秘密を抱えていた。
別れの理由がわからないまま、亮太は何度も真っ直ぐな想いを伝えるが、小春はまったく取り合わず―。
社会人になったある日、小春の隠す真実を知った亮太は彼女のもとに再び走り出す。
出会いから7年、運命の恋が再び動き始める―!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top