shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

廣瀬智紀 映画「探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。」完成披露イベント!

廣瀬智紀主演映画「探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。」の完成披露イベントが1/15(日)都内で行われ、共演の青木玄徳さんと共に廣瀬が登壇した。

華麗にスーツを着こなすクールな二枚目であり、さらにはブルウィップ(鞭)の名手、情にもろく弱者をほうっておけない、それが同作の主人公・紅伊玲二。
そんな玲二の相棒は、頭よりも体が先に動く体育会系で、激しく熱しやすく、頑固な性格な藍彰二。
一見正反対の2人が、時には衝突し、協力し合い、様々な悩みを抱えた依頼人を救うことで、人として成長していく様を描く傑作バディムービーがここに誕生した。

上映後に行われた舞台挨拶で、紅伊探偵事務所2代目所長・紅伊玲二を演じた廣瀬は、「本日はご鑑賞いただき、誠にありがとうございます。こんなにたくさんのお客さまに観ていただけて、幸せに思っております。撮影の裏側とか、深いお話しができたらと思っております。よろしくお願いします。」と挨拶。

役どころについて、「過去に、父親が失踪してしまい生きているのかいないのかもわからないという状況で、いろいろなトラウマを持っている。クールだけど情にもろかったり、事件の引き金となる子供に、昔の自分を重ねてしまったりと、心の弱さを持ちつつも、探偵の仕事をプロとしてやっています。」とコメントした。

自身の役との共通点について、「自由に自分の思うままに行動できる部分です。ここに青木くんがいてくれているように、自分が自由にできるのは、相棒がいて任せられる人がいるからこそできることであって、嬉しいことだなと思います。」と話した。また、逆に違う点については、「キザな部分。玲二は弱さを見せようとしないのですが、見せてしまうので(笑)。」と話した。

ここからは青木さんとのクロストークが展開され、青木さんから彰二の役作りについて“同作の世界観が玲二を元に生み出されていることを聞き、玲二を演じる廣瀬さんとコミュニケーションを反映させてキャラクター作りをした。彰二の役作りが評価されるのであれば、廣瀬さんの役作りがあったから”との話を受けて廣瀬は、「現場に入った時にこの話をして頂きました。自分を信じてくれたからこそ、引っ掻き回すように自由にできたので、僕が評価されることがあれば、青木くんのおかげだと僕も思います。」と答えた。

同作で初共演となる青木さんについて、「1作目が深く関わる役で良かったなと思います。あまり絡まない作品で一緒になった後にバディを組むよりも、最初から密にこういう形で共演できて嬉しかったです。お芝居の中で、お互いを感じあえた自覚がありました。」と語り、初対面の印象については、「クールな役をされているのを観ていたからかもしれないのですが、玲二みたいにクールでキザなキャラクターだと思っていました。初めて会った時、青木さんの歩き方に“オス”っぽさがあって、ギャップを感じました。」と初対面の時の青木さんの歩き方をまねて見せ、会場の笑いを誘った。

また、青木さんから廣瀬への印象について“気難しい人かもしれないと思っていたが、初対面から優しくて温かい人で、怒ったところを見たことがないし嫌いになる要素がない”という回答から、怒ることはありますか?とMCに問われ、「ありますよ。物に対して怒ります。リモコンとか“何で無いんだよ!”って。」と答えると、青木さんが“エアコンのリモコンとか、すぐ付けたい時に困りますよね”と話に乗ると廣瀬は、「エアコンは付けないんで。」と切り返し、再び会場の笑いを誘った。

撮影で印象深かったシーンを聞かれ、「田中要次さんをいろんな作品で拝見させて頂いていて、まさかこの作品で共演させて頂けるとは思っていませんでした。サウナのシーンでご一緒し、とても緊張したのですが、田中さんがフランクに接してくださったり、自然に空気を作ってくださったので、緊張もいつの間にか忘れていました。」と述べた。

同作の主題歌「candy Lights」を歌うことになった際の心境について、「プレッシャーを感じましたし、自分でいいのかなと思いました。音楽を聞かせて頂いた時に、昭和のレトロな雰囲気がありつつもホストクラブが出てきたり現代風のものも残っている作品に合っている音楽だなと思ったので、この作品のためになるのであれば自分のチャンスにもつながると思ったので、進んでチャレンジさせて頂きました。」と振り返った。

さらに、レコーディングを経験し、「TAMTAMさんに作っていただいた曲で、メンバーの方にもサポートしていただきながら楽しく歌わせて頂きました。TAMTAMさんに、エモーショナルな声という意味の“エモい”と言われて嬉しかったです。自信を持っていようと思える作りになったと思います。」と笑顔で語った。

最後に、「ついにこの作品が世に出ます。こうやってイベントで皆さんと会いさせていただくのは嬉しいことなのですが、役者として動いている姿を皆さんに見ていただきたいと思っております。ぜひ劇場へ足を運んでいただき、僕たちが映像の中で動いている姿を楽しんでいただきたいです。また、僕たちは続編に強い意志を持っているので、シリーズ化まではいい過ぎかもしれないですけど、次にお会いすることができれば、パワーアップした姿をお見せしたいと思っておりますので、応援のほどよろしくお願いします。」とメッセージを送った。

映画「探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。」は3/4(土)ロードショー。
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
紅伊探偵事務所の2代目所長である紅伊玲二(廣瀬)は、相棒の藍彰二(青木玄徳)、地下アイドルの沙織(岸明日香)、玲二の祖母で探偵事務所のオーナーである弥生(田島令子)と共に、祖父から引き継いだ探偵事務所で日々、ペット探しや浮気調査を行っていた。
ある日、レンと名乗る少年が父親を探して欲しいと探偵事務所を訪れる。最初は相手にしなかった彰二だったが、情にもろい玲二の気まぐれで依頼を引き受ける事に。早速、レンが最後に父親を目撃したという港に赴く玲二と彰二。そこで出会ったレンの母親の証言に違和感を覚えた玲二は、祖父に恩がある任侠ヤクザ桜井(田中要次)に相談。するとレンの父親の失踪には、桜井と敵対する大文字組組長・大文字(津田寛治)が関与している可能性が浮上する。玲二たちは、大文字組と関わりがあると噂されるホストクラブへと潜入するが・・。
果たして、レンの父親は無事なのか。
その正体が判明したとき、事件は思わぬ方向へと展開していくのだった。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top