shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

早見あかり 映画「恋妻家宮本」夫婦&カップル限定試写会!

早見あかり出演映画「恋妻家宮本」夫婦&カップル限定試写会が1/18(水)イイノホールで行われ、遊川和彦監督、共演の阿部寛さん、天海祐希さん、工藤阿須加さんと共に早見が登壇した。

同作は、様々な家族を描き続けてきた人気作家・重松清さんの『ファミレス』が原作で、『家政婦のミタ』をはじめ、『女王の教室』、『○○妻』等々、数々の話題作の脚本を担当していることで知られている遊川和彦さんが脚本、そして初の映画監督を務める話題作。
妻を愛し続ける愛妻家ではなく、妻に恋をする“恋妻家(こいさいか)”という造語を遊川さん自ら作り、妻が隠し持っていた離婚届を夫が見つけてしまったことから始まる夫婦の物語を、遊川流の大胆な脚色を加え、可笑しくも愛おしく描いている。

早見は、宮本家の夫・陽平の妻、美代子の大学生時代を演じる。美代子は妊娠に戸惑いながらも、陽平からの古典的なプロポーズに喜びを隠せないという役どころだ。

上映前に行われた舞台挨拶で早見は、「監督の遊川和彦さんを筆頭に、笑いの絶えない現場で、監督が1番楽しそうに撮影をなさっていました。撮影期間は短かったのですが、そういった現場でお芝居をさせていただいて幸せでした。こう思えた感情は、きっと作品に出ているのではないかと思いますし、温かい気持ちになれる作品が出来たと思います。この後、皆さんも観ていただいた時に、同じように思ってもらえるのでは。今日は短い時間ですが、楽しいお話ができたらと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

演じた役について、「お話をいただいた時に、こんなにも綺麗な方の大学生時代を演じて“いいんですか?”と戸惑ったのですが、ありがたいお話でしたので決まったからにはちゃんとやろうと思いました。」とコメントした。

劇中で、現在の美代子を演じている天海祐希さんの印象について、「シャンとしていて強い方だというイメージを勝手に抱いていました。実際にお会いして、背筋がピンと伸びていてかっこよくいらっしゃったので、天海さんのようにできるだけ強い女性にならないと、と思いました。工藤阿須加さんと“こうしたら、阿部寛さんと天海さんっぽいよね”と相談しながらやったりもしました。」と撮影を振り返りつつ話した。さらに、「私の憧れているなりたい女性像が天海さんなんです。強くてかっこよくて凛としている女性になりたいです。」と語ると、天海さんから“考え直して。そういう女性でもいいけど、私をお手本にしないで(笑)。”と返され、会場から笑い声が上がっていた。

ここからは、熟年夫婦の離婚の危機を描く同作にちなみ、会場に集まった214組428名の夫婦&カップルを対象に、スイッチを使って統計がとれるトータライザーを使って実態調査が行われた。
まず、夫婦で参加している方にスイッチをオンにしてもらい、137組の夫婦と77組の交際中のカップルが参加していることが明らかとなり早見は、「“いってらっしゃい”“お帰りなさい”とか、“おはよう”“おやすみなさい”のキスをしている方」と問いかけ、多くの人がスイッチを押してくれることを期待するも92名という結果に、「ちょっと寂しい結果になりましたね。」と述べた。

その他にも監督・キャストから夫婦やカップルにまつわる様々な質問がされ、終始和やかなムードで舞台挨拶は幕を閉じた。

映画「恋妻家宮本」は1/28(土)全国東宝系ロードショー。
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
2人の出会いは大学時代。ファミレスでの合コンをきっかけに、宮本陽平と美代子は付き合い始めた。陽平は大学院への進学、美代子は教師を目指していたが、ある日突然、美代子の妊娠が発覚。内心うろたえながらも、男としての責任を感じ、プロポーズした陽平は、美代子の代わりに教職への道を選んだのだった。
それから27年―。宮本家の一人息子だった正も結婚して、あっという間に自立。陽平と美代子にとっては結婚以来初となる、家の中に夫婦2人きりとなってしまった。ともに50歳になって初めて、夫婦水入らずで暮らすことを記念して、上機嫌でワインをあける美代子。陽平は、ここ1年通っている料理教室が楽しくて仕方なく、手軽に作れる酒の肴を手際よくこしらえる。酔った美代子は「これからはお互い、お父さん、お母さんじゃなく、名前で呼ぶの♡」などと甘え、まさに気分は新婚!?
しかしあっけなく酔いつぶれた美代子は、そのままソファで寝入ってしまう。その寝顔を見て「やっぱり老けたな・・・」などとしみじみ思いながら、本棚を何気なく物色する陽平。そこには2人が付き合いたての頃、初めて陽平が美代子に貸した本「暗夜行路」が。あまりの懐かしさにページをめくっていると、中から封筒がポトリと落ちる。ためらいながら開封したその中身は・・・美代子が捺印済みの離婚届だった!
激しく動揺する陽平。しかし結局、美代子を叩き起こして問い詰めることもできないまま、悶々として夜を明かすのだった。
翌日から陽平の苦悩の日々が始まる。美代子の言動ひとつひとつを深読みし、離婚届の意味をウジウジと考える。職場の中学校でも、どこか気もそぞろ。複雑な家庭の事情で祖母の井上礼子と暮らす生徒、“ドン”こと井上克也の繊細な気持ちにも気付いてやれず、大人びた女生徒の“メイミー”こと菊地原朋美には「先生って教師に向いてないかも!」とキツい一言を投げつけられる始末。
今や唯一の心の安らぎの場となってしまった料理教室で、意を決して料理仲間の五十嵐真珠と門倉すみれに離婚届のことを告白するも、「奥さんの不倫しかないですね」と、更なる追い打ちをかけられる。
そんな陽平が疑心暗鬼の日々を送っていたある日、美代子が正の様子を見に行くと家を空ける。思わず本棚の「暗夜行路」を探すと、既にそこには離婚届は無かった・・・・・・
どうする宮本陽平!そして、どうなる宮本夫妻!!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top