shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

竹財輝之助 ドラマ「きみはペット」完成披露試写会!

竹財輝之助出演ドラマ「きみはペット」(フジテレビ)の完成披露試写会が2/3(金)都内で行われ、共演の入山法子さん、志尊淳さん、柳ゆり菜さんと共に竹財が出席した。

原作は、2000年~2005年に講談社『kiss』で連載され、累計発行部数420万部を記録した小川彌生さんの代表作で、高学歴&容姿端麗のキャリアウーマン・スミレと、謎のペット志望のイケメン男子・モモとの奇妙な同居生活を描いたヒーリング・ラブコメディ。
2003年に日本で初ドラマ化、その後2011年には韓国で映画化され、いずれも大ヒットを記録した。そして、子犬系男子の先駆けとも言えるこの傑作を、アジアで一大旋風を巻き起こした『イタズラなKiss2~Love in TOKYO』の製作陣たちによって、再びドラマ化が実現した。

大手新聞社に勤める新聞記者の巌谷澄麗“スミレ”(入山法子)は、容姿端麗、高学歴という才色兼備のキャリアウーマン。でも、本当は繊細で恋愛に不器用。
スミレが失恋した上に左遷という人生のどん底にいたある日、ダンボールに入った美しい青年・合田武志(志尊淳)と出会う。かつての愛犬“モモ”に似ている彼を“ペット”として一緒に暮らし始めたスミレは、次第に彼との時間に心癒されていく。そんな頃、初恋の人・蓮實滋人(竹財)と新聞社で再会し…。

舞台挨拶で竹財は、「蓮實滋人役をやらせていただきました、竹財輝之助です。今日はお越しいただきましてありがとうございます。志尊くんが、これ以上に無いぐらい頼れる人なので、すべて任せて、この貴重な時間を楽しみたいと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

スミレの憧れの人という役どころを演じて、「台本を読んで内容は知っているのですが、スミレとモモの2人が演じているシーンを見たくなくて、現場に近寄れなかったんです。それが辛かったです。あと、高身長・高収入・高学歴という3高の役を僕ができるのかなと思いました。」と心境を振り返ると、志尊さんから“輝ちゃん、大丈夫だよ”とフォローを入れられ、竹財も、「志尊くんが彼女だったら良かったな(笑)。」と笑顔で返答した。

撮影中に印象に残っていることについて、「入山さんと志尊くんがバチバチのシーンの撮影をしている時は、空気が悪くて“どうしたんだろう?”と気を遣いました(笑)。いつもは一緒の部屋にいたのに、その時は違う部屋にいたりして“なんだこれ、何があったんだ?”って。そういう空気感も含め、現場では毎日違う匂いがして印象的でした。」と話した。

おすすめの胸キュンシーンを聞かれ、「楽しんでいただけるかはわからないのですが、1話に関して言えば、僕のシャワーシーンです。クランクインが、ほぼ裸でガウンを着てのシーン。女性のプロデューサーさんが厳しくチェックして下さったので、女性目線からの、男の裸体のエロさが出ているのではないかと思います。」とPRした。

最後に、ご覧になる方へ向けて、「16話という長いスパンでしか描けないような、登場人物の心の動きや揺れ…ぐちゃぐちゃになる時もありますが、表情も雰囲気も全然違うものになっているので、1話だけでなくぜひ最後までご覧になってください。よろしくお願いします。」とメッセージを送った。

舞台挨拶終了後、節分の日にちなんで豆まきが行われ、客席はサプライズなプレゼントに大いに盛り上がった。

ドラマ「きみはペット」は毎週月曜、フジテレビ(関東ローカル)にて、2/6(月)よりO.Aスタート!(初回は26:35~)
また、2/5(日)よりFODにて20:00~毎週2話ずつ先行配信。
ぜひお楽しみください!

■公式サイト
http://www.cinemart.co.jp/kimipe/

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top