shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

高梨臨 ドラマ「恋がヘタでも生きてます」主演決定!

高梨臨が、4/6(木)スタートのプラチナイト木曜ドラマ「恋がヘタでも生きてます」(読売テレビ・日本テレビ系)で主演を務めることが発表された。

同作は、小学館「プチコミック」で連載されていた藤原晶さんの同名漫画をドラマ化。恋愛ドラマならではの願望満載シーンに、人生設計やセックスにまつわる赤裸々なガールズトークを交えて、女性の理想と本音が入り乱れた大人が楽しめるラブコメディで、恋がヘタな主人公たちの不器用すぎる恋愛模様を描く。

高梨が演じるのは新興スマホゲーム会社で働くキャリアウーマンの茅ヶ崎美沙役。会社の経営トップに立つことを目指す一方、恋は最長2か月しか続いたことがなく、「恋より仕事」と突っ張って生きている。

台本を読んだ率直な感想について高梨は、「登場人物みんなが、一生懸命生きていて、でも不器用で…。いろんな想いを抱えながら、時に叫びながらも、必死に前を向いていきている。そんなみんなを、応援したくなりました。」とコメント。

“仕事ができて上昇志向の強いOLだけど、恋には不器用な女の子…”美沙をどんな風に演じたいかという質問に、「彼女はとにかく、いつも必死。仕事の為にはプライベートも睡眠時間も削って働く、とってもかっこいいキャリアウーマンだと思います。仕事の場面ではプライドも高く、自分に自信を持っていて。恋の部分での自信は皆無で、ドギマギしてしまうような所を少しコミカルに、美沙の不器用さを面白く演じられればと思っています。」と語るとともに、美沙との共通点について問われると、「作品に入っている時は、時間に追われて、プライベートの時間もほぼなくなりますし、必死なので、そういう面では似ている環境で仕事をしているのかなと思いました。また、仕事を終えて帰宅するや否や、ゴローンとソファーに行くあたりはそっくりです(笑)」と語った。

共演には、佳介役の田中圭さん、同居人で美沙とは対照的な千尋役の土村芳さん、仕事上ではライバルとなる司役の淵上泰史さんが名を連ねる。「田中圭さんと、淵上泰史さんとは共演させて頂いたことがあります。ニューヨーク帰りのハイスペック男子の佳介を、田中さんがどう演じてくださるのか、そして、私の演じる美沙と、どのようなラブストーリーが出来上がっていくのか、今からとても楽しみです。土村さんとは初めての共演ですが、千尋は美沙にとって、母のような妹のような娘のような、かけがえのない大親友!性格が真逆の私達の関係性が、このドラマにとっても、とても大切な所だと思っています。たくさんコミュニケーションをとりながら、仲良くなれたら嬉しいなと思っています。淵上さんは、とても優しそうなイメージの方なので、ちょっとSっ気のある司を演じると、どのように変わるのか、とても楽しみです。」と話した。

撮影するにあたって楽しみにしていることについては、「まずは、美沙の事がとても好きなので、美沙になれる事が今からとても楽しみです。そして、大谷監督始め、新しくご一緒させていただくスタッフの方々との出会いも楽しみです。台本を読めば読むほど、たくさんイメージが湧いてきているので、早く作品の中に飛び込みたい気持ちです。」と語った。

最後に視聴者の皆様へ「恋でも仕事でも、頑張っている女性を応援できるようなドラマになればいいなと思っています。男性の方には、こういう恋ヘタ女子の事を知ってもらって、もっと女心を知ってもらえたらいいなと…(笑)そして、クスッと笑いながらドキドキもしてもられる作品になるように取り組んでいきたいと思います。それぞれの登場人物が不器用ながらも、一生懸命夢に向かって生きていて、その中でまた、いろんな幸せの形を探していく。そんな姿に共感してもらえたら嬉しいです。」とメッセージを送った。

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」は、読売テレビ・日本テレビ系で、4/6(木)より毎週木曜23:59~24:59放送。ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top