shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

青木崇高 映画「雪女」試写と記者会見!

青木崇高出演映画「雪女」の試写と記者会見が2/23(木)日本外国特派員協会にて行われ、杉野希妃監督と共に青木が登壇した。

同作は、100年以上前に小泉八雲さんが著した「怪談」の一編である「雪女」を、杉野希妃監督が独自の解釈で映画化した作品。
「マンガ肉と僕」、「欲動」に続く、杉野監督の第三作として、かねてから映画化を切望していた作品で、監督だけでなく、自ら雪女とユキの二役に挑んでいる。
第29回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、雪と光の映像美、クラシカルな美学、伝統を現代へと活かそうとする斬新な試みが高く評価されている。

青木は、猟師の緒方巳之吉を演じている。

会見で同作への出演について青木は「杉野監督は以前から女優としても監督としても、マルチに活躍されている才能豊かな方だということを存じあげておりました。一緒に仕事をしたいと思っていたので、こうしてご一緒できて嬉しいです。」とコメント。

女性監督との作品作りについていかがでしたか?という質問に「一俳優である以上、刺激を求めてしまうところがあります。杉野監督は女性で年齢が僕より下なのですが、全てを預けて作品の中の世界を生きることについて、心から楽しむことに女性の監督だということは関係無かったです。」と答えた。

劇中に“夫婦であっても男と女は永遠に分かり合えないものなのよね”というセリフがあるが、日本的な考え方なのか、もしくは、この作品特有のいい回しなのでしょうか?との質問に、杉野監督が「普段から考えていることをセリフに入れた。人間は異なっていて分かり合えない部分もあるが、どの様に尊重していくのかが大事だと思う。」と説明。それを受けて、青木が「決してネガティブな意味ではなく、ポジティブな意味なんです。だからこそ“お互いが支えあって、夫婦生活をやっていくんだよ“というメッセージだと思いますし、劇中のシーンでいうとお母さんからの応援の意味として“大丈夫、自分を信じてやりなさい”ということだと思います。」と自身の考えを語った。

また、杉野監督について「監督はまさに雪女なんです(笑)。」と話を切り出し「撮影現場が暖冬だったため、雪がなかなか降らない時期があった。しかし、監督が現れるとふわふわと雪が降ってくるということが何度と起こった。スタッフもキャストも監督のことを雪女と認めざるを得ない状況になったため、この作品は良いものになると信じ、みんなもついていくという感じでした。」と撮影中のエピソードを明かした。

映画「雪女」は3/4(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、シネマ・ジャック&ベティにて公開。その後、4/1(土)よりシネ・リーブル梅田、大阪シネ・ヌーヴォ、京都みなみ会館、神戸元町映画館ほか全国順次公開。
ぜひご期待ください!

【ストーリー】
ある時代、ある山の奥深く、吹雪の夜。猟師の巳之吉(青木)は、山小屋で雪女(杉野希妃)が仲間の茂作の命を奪う姿を目撃してしまう。雪女は「この事を口外したら、お前の命を奪う」と言い残して消え去る。翌年、茂作の一周忌法要の帰り道に、巳之吉は美しい女ユキ(杉野希妃/二役)と出会う。
やがて二人は結婚し、娘・ウメが生まれる。14年後。美しく聡明な少女に成長したウメは、茂作の遠戚にあたる病弱な幹生の良き話し相手だった。しかしある日、茂作の死んだ山小屋で幹生が亡くなってしまう。幹生の遺体には、茂作と同じような凍傷の跡があった。ユキの血を引く娘のせいだと、巳之吉を激しく問いつめる幹生の祖父。巳之吉の脳裏に14年前の出来事が蘇り、以前から自分の中にあったユキに対する疑心と葛藤する。自分があの夜の山小屋で見たものは何だったのか、そしてユキは誰なのか…。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top