shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

廣瀬智紀 映画「探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。」初日舞台挨拶!

廣瀬智紀主演映画「探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。」が3/4(土)公開初日を迎え、ユナイテッド・シネマ豊洲で行われた舞台挨拶に監督・共演者と共に廣瀬が登壇した。

華麗にスーツを着こなすクールな二枚目であり、さらにはブルウィップ(鞭)の名手、情にもろく弱者をほうっておけない、それが同作の主人公・紅伊玲二。
そんな玲二の相棒は、頭よりも体が先に動く体育会系で、激しく熱しやすく、頑固な性格な藍彰二。
一見正反対の2人が、時には衝突し、協力し合い、様々な悩みを抱えた依頼人を救うことで、人として成長していく様を描く傑作バディムービーがここに誕生した。

上映後に行われた舞台挨拶で、紅伊探偵事務所2代目所長・紅伊玲二を演じた廣瀬は「映画はいかがだったでしょうか。皆さんに支えていただいてこの映画が完成しました。舞台挨拶も楽しんでいただければと思います。よろしくお願いします。」と挨拶。

役を演じるにあたって「玲二は心に闇を抱えていたり、何を考えているのかわからないミステリアスな部分があったり、自分の問題につい人を巻き込んでしまう、一癖も二癖もある役でした。“闇を抱えているから、かまって欲しい”というキャラクターに見せたくなくて、僕が見せたいキャラクターに見えるように共演者の皆さんの力も借りて演じることができ、感謝しております。」と語った。

ブルウィップの練習はされましたか?という質問に「空いている時間に場所があれば練習していました。撮影をしていた埠頭の駐車場が広くて、空き時間に思う存分振れたので感覚をつかめた気がします。」と話した。

さらに、ブルウィップをかっこよく振るコツについて「“僕は今、変じゃない。かっこいいんだ。”という気持ちでやりました(笑)。キメるだけです(笑)。」と回答すると、会場から笑いが起こった。

そして、同作のタイトルにちなみ、今までで最も印象的だった夢をフリップに書いて発表。廣瀬は“廣瀬智紀は、大物になる夢を見る。”という文字をフリップに書いたが「まだ見ていないですが、これから見るだろうなという夢です(笑)。どうなったら大物なのかは分からないのですが、お仕事をさせていただいている中で見つけていけたらと思います。」とコメント。

最後に「こんなに大きな劇場で舞台挨拶ができて幸せです。またこの場所に成長した姿で戻ってこられたらと思います。自分でいうのもおこがましいのですが、この先、この映画が探偵映画の金字塔になればいいなと思います。ありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。」は、ユナイテッド・シネマ豊洲ほか順次公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。

【ストーリー】
紅伊探偵事務所の2代目所長である紅伊玲二(廣瀬)は、相棒の藍彰二(青木玄徳)、地下アイドルの沙織(岸明日香)、玲二の祖母で探偵事務所のオーナーである弥生(田島令子)と共に、祖父から引き継いだ探偵事務所で日々、ペット探しや浮気調査を行っていた。
ある日、レンと名乗る少年が父親を探して欲しいと探偵事務所を訪れる。最初は相手にしなかった彰二だったが、情にもろい玲二の気まぐれで依頼を引き受ける事に。早速、レンが最後に父親を目撃したという港に赴く玲二と彰二。そこで出会ったレンの母親の証言に違和感を覚えた玲二は、祖父に恩がある任侠ヤクザ桜井に相談。するとレンの父親の失踪には、桜井と敵対する大文字組組長・大文字が関与している可能性が浮上する。玲二たちは、大文字組と関わりがあると噂されるホストクラブへと潜入するが・・。
果たして、レンの父親は無事なのか。
その正体が判明したとき、事件は思わぬ方向へと展開していくのだった。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top