shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

岡田将生 主演ドラマ「ゆとりですがなにか」今夏、スペシャルドラマ放送決定!

岡田将生主演ドラマ「ゆとりですがなにか」(日本テレビ)が、今夏、スペシャルドラマとして放送されることが発表された。

同作は、「ゆとり第一世代」と社会に括られる1987年生まれのアラサー男子3人が、仕事に家族に恋に友情に、迷い、あがきながらも懸命に立ち向かう物語で、映画『舞妓Haaaan!!!』『なくもんか』『謝罪の王様』でタッグを組んだ宮藤官九郎さん脚本、水田伸生さん演出のもと、松坂桃李さん、柳楽優弥らが出演。
昨年春に連続ドラマとして放送され、岡田演じる主人公・坂間正和と恋人の宮下茜(安藤サクラさん)が紆余曲折を経て結婚、正和と同じくゆとり世代の山路一豊(松坂桃李さん)、道上まりぶ(柳楽優弥)らも祝福ムードの中、それぞれの未来へ踏み出していくというラストだった。

今夏放送予定のスペシャルドラマ『純米吟醸純情編』は、連続ドラマから1年後、30歳になったゆとりたちの友情と恋と家族の物語が描かれる。

放送が決定し岡田は、「今回スペシャルドラマが決まりました。本当にこんなに嬉しいことはありません。ゆとり世代と括られる事に反発しながら、自分の道筋を迷いながら探している、正和、山路、まりぶの3人を、そして茜ちゃんをまた観て頂きたいですし、本当に僕自身、正和を演じられる事がなにより嬉しいです。」と心境を語ると共に、「ドラマの時より成長した正和をみんなを見せられるように、宮藤さんの脚本を今監督をはじめスタッフみんなで頑張って撮影しています。桃李くん、柳楽くん、安藤さんとはこのドラマが終わっても繋がりが出来ていて、またドラマの続きができる事という話を聞いたときは4人で本当に喜びました。またゆとり世代の力を見せつけられるように頑張りたいです!スペシャルドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」是非ご覧下さい!」とPRした。

脚本を担当した宮藤官九郎さんが同作で「2016年度芸術選奨 放送部門 文化科学大臣賞」を受賞。都内で行われた授賞式の壇上でスペシャルドラマの制作が明らかとなり、岡田は、「宮藤さん、芸術選奨文部科学大臣賞おめでとうございます。自分にとってとても想いが詰まってる作品で宮藤さんが賞を受賞されたと伺い、本当に感無量です。」とコメントを寄せた。

スペシャルドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」は日本テレビにて今夏放送予定。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top