shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

滝口幸広 舞台「犬夜叉」公演スタート!

滝口幸広出演舞台「犬夜叉」が4/6(木)天王洲 銀河劇場で開幕した。

原作は、1996年2008年まで小学館『週刊少年サンデー』で連載されていた、高橋留美子さんによる少年漫画『犬夜叉』。時にシリアスにも展開するストーリー性の強い独特な世界観は、連載開始当初から爆発的な話題を呼び、平成13年度には第47回小学館漫画賞を受賞した。
伝奇的な世界で繰り広げられる仲間との旅や妖怪たちとの闘い、そして交錯する恋心など、見所満載の内容で男女問わず幅広く愛され続けている同作が、この度舞台化される。

中学生の日暮かごめは、15歳の誕生日に神社の祠にある古びた井戸から、500年前の戦国時代へとタイムスリップしてしまう。そこは手にしたものに強い力を与えるという四魂の玉をめぐり、妖怪たちと人間が争っていた世界だった。そこで彼女が出会ったのが、四魂の玉を守る巫女・桔梗により50年間封印されていた、偉大な妖怪を父に、優しき人間を母に持つ半妖の少年・犬夜叉。桔梗の生まれ変わりだったかごめは、運命の導きか犬夜叉の封印を解いてしまう。そして、かごめの体内から現れた四魂の玉は、妖怪との戦いの中で無数のかけらとなり飛び散ってしまった。犬夜叉とかごめは桔梗の妹・楓と共に四魂の玉のかけらを集める旅に出ることに。道中出会った法師・弥勒も加え旅を続ける犬夜叉一行の前に立ちはだかるは、犬夜叉の異母兄である完全妖怪の殺丸。 そして、人の邪念に無数の妖怪が結集して生まれた宿敵・奈落!果たして犬夜叉たちの運命は?

滝口は妖怪退治専門の法師・弥勒を演じる。

公演直前に行われた会見で滝口は、「小さい頃に観ていた『犬夜叉』という作品に出演できることを嬉しく思います。顔合わせの時に高橋留美子先生にお会いしたのですが、とても楽しみにしてくださっているというお話だったので、髙橋先生、そしてファンの皆さんを楽しませることができる舞台にできたらと思います。よろしくお願いします。」と意気込みを語った。

舞台「犬夜叉」は、4/15(土)まで天王洲 銀河劇場にて上演。千秋楽公演となる4/15(土)には全国の映画館でライブビューイングが決定している。
詳細は公式サイトまで。


■舞台「犬夜叉」ライブビューイング
日程:4/15(土)18:00開演(開場時間は映画館によって異なる)
詳細:http://stage-inuyasha.jp/contents/liveviewing

■舞台「犬夜叉」DVD
劇場および通販サイトにて予約受付スタート
発売日:2017/7/26(水)
価格:7,000円(税抜)
内容:本編DVD+特典DVD(2枚組)
予約特典:舞台写真セット
通販ページ:https://silkroadstore.jp/(5/31(水)23:59まで)

舞台「犬夜叉」公式サイト:http://stage-inuyasha.jp/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top