shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

本田翼 ドラマ「わにとかげぎす」出演決定!

本田翼が、7月スタートのドラマ「わにとかげぎす」(TBS)に出演することが発表された。

同作は、「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」「ヒメアノ~ル」などで知られる漫画家・古谷実さんの連載6作目となる作品で、2006年から2007年にかけて講談社「ヤングマガジン」にて連載され、累計発行部数(紙と電子)が80万部の人気作品のドラマ化。ショボクレ警備員の富岡ゆうじが“没な人生”にお別れするため「友達作り」に奮起するも、次から次へとアクシデントが起き、人生が思わぬ方向へと向かっていくストーリーとなっている。

深夜のスーパーマーケットで警備員をしている富岡ゆうじ(有田哲平さん)は、日々の生活に疑問と不安を覚え、孤独は罪だと自覚する。ある夜、流れ星に「友達が欲しい」と願うものの、現れたのは、富岡に一目惚れする謎の隣人女性・羽田梓(本田)。その気持ちに全く気付かない“最強に最弱な男”富岡。果たして二人の恋は始まるのか―。さらに人生放浪者を称するホームレスのオヤジ(光石研)の出現や、「お前は一年以内に頭がおかしくなって死ぬ」という謎の脅迫状により、富岡の人生は一変していく…。

本田は、富岡に一目惚れしてしまうウェブライターで小説家志望の美女・羽田梓を演じる。

同作出演に本田は、「まず最初に有田さんが主演のドラマと聞いてびっくりしたのと同時に“面白そう”と思いました。この作品でご一緒できるのがとても楽しみです。原作をとても大切にしている台本なので原作ファンの方はもちろん楽しんでいただけると思いますし、原作を知らない方でもドラマを見た方みんなが、孤独に怯え自分の人生を変えたいと葛藤しながら生きる有田さん(演じる富岡というキャラ)にどこか共感してしまい、応援したくなる、そんな作品だと思います。私が演じる羽田という役は独特で、感覚が掴みづらい性格。役作りがむずかしいですがちょっと変な違和感と孤独の中にいる富岡さんを背後から引っ張り出す力強さを出せたらいいなと思います。普通じゃない人たちが沢山出ていて、でもなんだかとても生々しい、そんな作品です。放送を楽しみにしていてください。」とコメントを寄せた。

ドラマ「わにとかげぎす」は、TBSにて7月より毎週水曜深夜23:56~24:26放送。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top