shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山田孝之 国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」オープニングセレモニー出席!

山田孝之主演短編映画「パラレルワールド」が、米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」でプレミア上映。6/1(木)渋谷ヒカリエ ヒカリエホールにて行われたオープニングセレモニーに山田が出席した。

同映画祭は、1999年、ショートフィルムを日本に紹介するため、米国俳優協会(SAG)の会員でもある別所哲也さんを創立者に「アメリカン・ショート・ショート フィルムフェスティバル」として東京・原宿で誕生。 2001年に「ショートショート フィルムフェスティバル(SSFF)」と改称、2004年に米国アカデミー賞公認映画祭として認定された。アカデミーの公認を受けたことにより、映画祭のグランプリ作品が次年度のアカデミー賞短編部門のノミネート選考に入ることになり、本映画祭からオスカー像を手にする道が拓けた。 また、アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成目的から「ショートショート フィルム フェスティバル アジア(SSFF ASIA 共催:東京都)」が2004年に誕生。現在、2つの映画祭を“SSFF & ASIA”と総称して開催している。映画祭としてはこれまでに延べ30万人を動員している。
開催19回目となる今年は、6月1日(木)~6月25日(日)まで、東京は5会場、横浜は1会場にて上映。世界140以上の国と地域から集まったおよそ9,000本の作品から選りすぐりの約250作品を上映する。

短編映画「パラレルワールド」は、アーティスト集団「EXILE TRIBE」の楽曲を、気鋭の映画監督たちがショートフィルム化するプロジェクト「CINEMA FIGHTERS(シネマファイターズ)」で、2016年のカンヌ国際映画祭短編部門の審査委員長を務めた河瀨直美監督が製作。楽曲「Unfair World」(Artist : 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)の世界観を映像化した同作は、ある学校の天体観測室を舞台に、山田演じる主人公の徹が15年前に真矢(石井杏奈さん)に伝えることができなかった思いを過去と現在を交錯させて描く15分間の恋愛物語となっている。

同作の撮影時のエピソードについて、「真夏のすごく暑い中で天体観測室に閉じ込められて、死にそうな思いをしながら必死に頑張りました。」と振り返った山田。共演の石井杏奈さんから、「山田さんとは撮影初日に初めてお会いして、そのまま本番という流れだったんですけど、台本がなくほぼアドリブだったので、タメ口で話さなくてはならず、すごく緊張しました。」と明かされ、MCから「石井さんの緊張は感じられましたか?」と問われると、「いや、そんなに。そんなこと言ったら、撮影当時18歳(石井さん)、そして33歳のおじさん(山田)が制服を着ていて。ものすごいことで本当にドッキリなのかなと。今日を迎えて本当だったんだなと思いましたけど。」と話し、会場の笑いを誘っていた。

国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」は、6/25(日)まで、東京は5会場(表参道ヒルズ スペース オー・アンダーズ 東京 Andaz Studio・ラフォーレミュージアム原宿・恵比寿act*square・iTSCOM STUDIO&HALL)、横浜は1会場(ブリリア ショートショートシアター)で開催。
ぜひ会場にて「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2017」をお楽しみください。

【ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017 (SSFF & ASIA 2017)公式サイト】
http://www.shortshorts.org/2017/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top