shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

青木崇高 ドラマスペシャル「BORDER2 贖罪」出演決定!

青木崇高出演ドラマ「BORDER」(テレビ朝日系)が、3年の時を経て、スペシャルドラマ「BORDER2 贖罪」として再始動することが発表された。

同作は、直木賞受賞小説「GO」や「SP 警視庁警備部警護課第四係」など大ヒット映像作品の原案・脚本を手がけた金城一紀による、“正義と悪”という永遠不変のテーマをもとにした完全書下ろし作品。
2014年に連続ドラマとして放送され、その唯一無二の世界観と練り込まれた物語は大きな波紋を呼び、2014年度の「ギャラクシー賞選奨」および「ギャラクシー賞2014年6月度 月間賞」、「2014年 東京ドラマアウォード 作品賞・優秀賞」など錚々たる賞を受賞した。

物語は、頭部を被弾して生死の境をさまよった後、「死者と対話できる」という特殊能力を得た刑事・石川安吾(小栗旬)が、望まずして命を絶たれた被害者の無念を晴らすべく、生と死、正義と法、情と非情の“BORDER=境界線”で揺れ動きながら、事件に立ち向かう姿を描いたストーリー。連続ドラマ版での石川は、正義という名の光り輝く信念が強くなるに従い、裏の世界の力を借りて証拠をねつ造するなど、影の要素をも色濃くしていき、捜査に有利な証拠や証言、事件関係者を次々と“消して”いく掃除屋・神坂(中村達也)に完全敗北を期し、石川は“光と影”のコントラストを増長させていくことに…。
そんな中で迎えた最終回では、“絶対的な悪”を体現する史上最悪の敵・安藤周夫(大森南朋)と対決。石川は正義を為すために、ある衝撃的な行動に出ることに…。己の行動に激しく動揺する石川の背後から、安藤によって投げかけられた「こちら側の世界へようこそ」という言葉と共に、連続ドラマは終了。謎多きラストシーンはさまざまな憶測を呼ぶと同時に、底知れぬ衝撃で視聴者を震え上がらせた。
しかし、あのラストは本当のラストではなかった!人知れず温存されてきた、その物語は「BORDER2 贖罪」でついにベールを脱ぐことに。あの後、石川や安藤はどうなったのか…。サブタイトル「贖罪」が意味するものとは、いったい何なのか…。待望の第2章が痛烈な一撃を放つ!

青木は、連続ドラマ版に続き、警視庁捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の刑事・立花雄馬を演じる。
警察官一家に生まれたため、警察官という職業に対して過剰なプライドを持っており、強すぎる正義感をもてあまし、融通が利かない一面も。同僚である石川に強いライバル心を抱いていたが、捜査を共にするうちに絆が生まれていくという役どころ。

ドラマスペシャル「BORDER2 贖罪」は、2017年、テレビ朝日系24局にて放送。
ぜひご期待ください!

(敬称略)

★ドラマスペシャル「BORDER2 贖罪」放送を記念し、「テレ朝キャッチアップ」「Tver」「GYAO!」にて連続ドラマ「BORDER」無料配信!
「Yahoo! 検索」との特別企画もスタート。詳しくは公式サイトにて。
http://www.tv-asahi.co.jp/border/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top