shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

葵わかな NHK連続テレビ小説「わろてんか」出演者発表会見!

葵わかながヒロインを務める、平成29年(2017年)度後期、NHK連続テレビ小説「わろてんか」の大阪編・出演者発表会見が6/16(金)NHK大阪で行われ、葵が出席した。

同作の舞台は、明治の後半から第二次大戦直後の大阪。
吉本興業の創業者・吉本せいさんをはじめ、当時活躍した芸人・文化人などさまざまなお笑いのパイオニアたちの人生をヒントに、いつも周りに笑いをふりまくヒロイン・藤岡てんが、ひょんなことから小さな寄席経営をはじめ、ついには日本で初めて“笑い”をビジネスにした女性と言われるまでになるまでのストーリーを、笑いと涙のオリジナルエピソード満載で描かれる。

先月19日、京都市・東寺でクランクインして約1か月、京都府内を中心にロケ撮影を行い、5月末より大阪局内のスタジオで収録がスタートした同作。この日は、葵演じる藤岡てんとその夫・北村藤吉(松坂桃李さん)が、二人三脚で寄席の経営へと歩み出す大阪編の、主な出演者が発表された。

会見にて葵は、「現在、京都編の撮影をしていまして、前回発表になったキャストの方々と明るく面白い撮影をしています。どんなドラマになるか、自分自身、楽しくなってきているところです。今回、大阪編のキャストの方々が発表になって、もっと面白く賑やかなドラマになるのではないかと、今からとても楽しみです。長いお付き合いになると思うのですが、笑顔溢れるドラマを一緒に作っていってください。宜しくお願いします。」と笑顔でコメント。

後に姑となる藤吉の実母・啄子役の鈴木京香さんから葵へ、“半年間、辛い思いやプレッシャーもあると思うが、役だけではなくヒロインをやった経験者として、「なにかあったら大丈夫やで」と言ってあげたい”と温かい言葉をもらい、感動しきりの様子だった。

NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、10/2(月)より放送開始。(全151回)
ぜひご期待ください。

【大阪編ストーリー】
運命的な恋に落ちたてんと藤吉が京都を出て一緒に向かった先は、大阪船場の老舗米問屋「北村屋」。てんとの結婚を認めてもらおうと店に戻ってきた藤吉だったが、母・啄子(つえこ)からある人を紹介されて面食らう。楓(かえで)という名のその女性はなんと、啄子が決めた藤吉の許婚(いいなずけ)だというではないか。藤吉の妻になろうと大阪まで付いて来たてんは大きなショックを受けてしまう。許嫁の楓との結婚を承諾しない藤吉に、母・啄子は楓とてん、どちらが北村屋の嫁にふさわしいか競わせて決着すると宣言する。この日から、てんの一発逆転を賭けた北村屋での厳しい修業が幕を開けるのである。さらに、北村屋の危機を救おうとした藤吉が大失敗して店を傾かせてしまう事態に・・・。その時、てんが決意した。
「藤吉さんが好きな笑いを、商売にしてみませんか?」
その一言から、素人同然の若夫婦が大阪のみならず日本中の人を笑わせるべく、寄席や芸人たちの世界に飛び込み、二人三脚の大冒険を始めるのだった。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top