shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

比留川游 映画「世界は今日から君のもの」完成披露上映会!

比留川游出演映画「世界は今日から君のもの」の完成披露上映会が7/5(水)ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で行われ、比留川が登壇した。

同作は、引きこもりだったヒロインが、新しい出会いや社会との触れ合いを通じて、一歩外の世界に踏み出す成長の物語。

⼩沼真実(⾨脇⻨)は、⾼校の頃から5年間引きこもりとなり、⾃分の部屋で好きな漫画やイラストをひたすら正確に模写することで現実逃避をしていた。⽗の英輔(マキタスポーツ)と⺟の美佳(YOU)は離婚し、真実は⽗との⼆⼈暮らし。⼼配性の⽗のすすめでゲーム会社のバグ出しの仕事を始めるが、ひょんなことからそのゲーム会社に勤める⽮部遼太郎(三浦貴⼤)が担当するゲームのイラストに⼿を加えたことで真実の絵の才能が認められる。ある⽇、遼太郎から「⾃由に描いていいから」とゲームキャラクターのイラストを頼まれ、彼への仄かな恋⼼もあり遼太郎の役に⽴ちたいと描くことに向き合おうとするのだが・・・。果たして真実は⾃分の殻を破り、⾃分らしい⼀歩を⾒つけることができるのか︖︕

比留川は、ひょんなことから真実と同居することになる、安藤恵利香を演じる。

自身の役柄について、「台本を読み、恵利香はすごくしっかりしていて、自分の意見をはっきり言う強い女性だなと感じました。私も物事をはっきり言うタイプなので、そういった部分は共通しているのかなと。また、相手に何でも思ったことを伝えたり、何に対しても前向きに考えられる女性で、私自身はそこまで前向きではないので、恵利香みたいなメンタリティがあったらと思いました。」と話した。

さらに、門脇さんが比留川との共演シーンで、“私はセリフが“・・・”ばかりだったが、(比留川の)セリフが多くて大変そうだった”と明かし、「大変でした(笑)。元々、自分のことを話すタイプではないので、1人で喋り続けるシーンの時に、“いつもだったら逆の立場かも”と思いながら演じていました。」と撮影を振り返った。

その後、同作のキャッチコピー、“笑顔まで、あと少し。”にちなみ、自身が笑顔になれるものは何か?という質問があがり、「お肉がすごく好きで、中でもラム肉が一番好き。ジンギスカンを食べに行ったり、フレンチに行くと必ずラム肉を食べて幸せな気持ちになっています。」と笑顔を見せた。

また、ヒロインが自身の殻を破ることがテーマになっていることを受け、殻を破るためのアドバイスを求められた比留川は、「殻を破るというより“変わりたい”ということであれば、自分の考えの中で物事を考えるのではなく、いろいろな人と知り合って、いろいろな人の考えを聞くことで自分の中の世界観は変わるのかなと思います。」と自論を展開した。

映画「世界は今日から君のもの」は7/15(土)渋谷シネパレスほか全国公開。
ぜひ劇場でご覧ください。

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top