shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

新木優子 映画「あのコの、トリコ。」出演決定!

新木優子が、2018年公開の映画「あのコの、トリコ。」でヒロインを務めることが発表された。

同作は、「Sho-Comi」(小学館)にて連載され、既刊4巻のコミックスは累計部数50万部を突破し、大好評により続編も決定している白石ユキさんの大人気漫画「あのコの、トリコ。」を実写映画化。芸能界を舞台に、幼い頃に役者になることを誓い合った幼なじみ3人の恋物語が描かれる。

小さな頃“将来スーパースターになる!”と幼なじみと誓い合った頼(ヨリ)。引っ越して幼なじみと離れ離れになった彼は、スーパースターとは程遠い地味で平凡な、女子に見向きもされないメガネ男子となっていた。田舎で普通の暮らしをしていた頼は、2人の幼なじみ、雫(シズク)と昴(スバル)がそれぞれ人気モデル、人気俳優になっていることを知り、何かに突き動かされるように雫のいる高校に転入する。再会してすぐに雫の付き人としてCM撮影に立ち会うことになった頼は、降板させられそうになった雫を助けるために、CMに出演することになる。彼は冴えないメガネ男子から、その場の空気を一瞬にして変えるミステリアスな少年に変貌。才能を開花させた頼は、CMがたちまち話題となり、一躍注目を浴びることに!
そんな中、昴の主演舞台に雫の出演が決定。雫の念願が叶い女優への一歩を踏み出した矢先、昴が事故で大ケガを負ってしまう。昴の降板、さらには舞台の中止も懸念されるなか、頼は女優になるという雫の夢のため、昴の代役で舞台に立つことを決意する。本番に向けて2人で稽古を重ね、頼は雫への幼い頃からの気持ちを改めて強くする。「僕は、あのコのトリコだ─」。
しかし、本番直前に昴がケガから復帰、予定通りのキャストで公演を行うことになる。そして大成功を遂げた初日の幕がおりたその瞬間、舞台上で昴が雫に告白するのを頼は聞いてしまう…。

元気で夢に真っすぐなモデル:立花雫(たちばな・しずく)役を演じる新木は、「女子が見てキュンキュンするポイントが全部詰まっているマンガで、楽しんで読ませていただきました。また、メインの3人が芸能界で活躍しているというのも、すごい今っぽいと思います。この作品をみて、芸能界にちょっとでも興味のある人の背中を押すことができるような、そんな作品になると思います。いろんな方が期待して下さっている雫も演じつつ、自分の思っている雫もしっかりと出して、悔いなく撮影を乗り切りたいです。」とコメントした。

映画「あのコの、トリコ。」は、2018年、全国ロードショー!
ぜひご期待ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top