shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

瀧内公美 主演映画「彼女の人生は間違いじゃない」初日舞台挨拶!

瀧内公美主演映画「彼女の人生は間違いじゃない」の初日舞台挨拶が、7/15(土)ヒューマントラストシネマ渋谷にて行われ、監督・共演者らと共に瀧内が登壇した。

同作でメガホンをとるのは、『さよなら歌舞伎町』、『ヴァイブレータ』など、自分の居場所を探し求める大人たちの衝突や愛を、時に鋭く時に温かく描いてきた廣木隆一監督。どうしても描きたかったという自身の処女小説の映画化であり、文芸作品の映像化に定評がある廣木監督の真骨頂ともいえる新作映画だ。
物語の舞台は、震災から5 年後の、廣木監督の出身地福島。週末、渋谷でデリヘルのアルバイトを終えたみゆきは、平日の生活に戻るため高速バスに乗る。父と二人で暮らす、福島の仮設住宅に帰るために。渋谷と福島、ふたつの都市を行き来する日々に彼女が求めたものとは─?

上映前舞台挨拶にて瀧内は、自身が演じるみゆきについて「前に進む力があるというか、自分の居場所とか失ったものを補うくらいの力があるというか、彼女の強さのおかげで私は立つことができました。すごく素敵な女性だなと思っています。」とコメント。

演じる上で苦労したことを聞かれると、「自分の経験したことない事ばかりですし、実際に震災は起きたことなので自分なりの思いもありますし、廣木監督が描いたことを表現しなきゃいけないことは難しかったです。廣木監督はじめここにいる皆さんとスタッフの皆さんが助けてくださって、何とか(演じ)終わったなという感じでした。」と振り返った。

廣木監督の印象については、「廣木監督のことをみんな恐いと言うんですけど、自分の生きてきた全てが出るというか、ちゃんとそれが出るまで待ってくれる優しさもありますし、脚本自体もそうですけど温かさを感じます。そんな監督に出会ったことが今まで無かったので、今までの否定ではないですけど、新しい場所を見せてもらったなと思っています。」と語った。

タイトルにちなんで自身の「○○は間違いじゃない」をフリップに書いて発表する一幕も。「この仕事を選んだことは間違いじゃない」と書いた瀧内は、「真面目ですみません(笑)。この仕事をやっていなければ出会えなかった方も沢山いますし、お世話になった人たちに作品を通して自分の成長を見せることができるってこの仕事ならではだと思っています。」
と笑顔で話した。

最後は、「ここにいるキャストと廣木監督とみんなで福島に行って、思いを込めて作りました。どういう風に皆さんに届くか分からないですし、否定されることもあるが、この映画は全てを肯定してくれる映画です。ぜひ最後まで楽しんでいってください。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

瀧内公美主演映画「彼女の人生は間違いじゃない」は、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top