shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

本郷奏多 主演ドラマ「アカギ」竜崎・矢木編/市川編 製作発表会!

本郷奏多主演ドラマ「アカギ」竜崎・矢木編/市川編の製作発表会が、9/21(木)に行われた。

「アカギ」は、「近代麻雀」で大人気連載中の傑作麻雀コミック『原作:福本伸行「アカギ~闇に降り立った天才~』(竹書房「近代麻雀コミックス」刊)』。現在も透明ガラス牌を使い生き血を賭けて戦う「鷲巣麻雀」編が進行中で、単行本34巻まで刊行、累計発行部数1,000万部を誇る。TVアニメ化、ゲーム化、OV化もされ絶大な人気を誇る。2018年2月1日発売号掲載回において最終回とすることが宣言されている。

2015年7月よりBSスカパー!で放送、福本作品ならではの個性的なキャラクターを、漫画を超える実写キャストでオリジナル連続ドラマ化されたことが話題となった「アカギ」。今秋、原作でも人気を誇る、麻雀界を震撼させた天才・赤木しげる誕生物語「竜崎・矢木編」「市川編」を続編として連続ドラマ化決定。本郷が、主人公の赤木しげる役を続投する。

製作発表会に出席した本郷は、撮影の様子について、「室内で黙々と麻雀を打っているだけなので、今日雨だから休みということもなく、朝から晩まで皆で一生懸命やっております。先輩方が明るい雰囲気を作ってくださって、鹿賀さんもたまに冗談をおっしゃってくれたりすごくチャーミングな方なので、楽しんで一緒にやらせてもらっています。」と語った。

前作ではほぼ屋内で撮影することが多かったというが、今作については、「鷲巣編のときは、お屋敷の中での戦いだけのお話だったんですけど、今回は赤木が結構いろんなところを出歩いております。例えば、市川さんと喫茶店で対峙する有名なシーンであったりとか、結構外を歩いているので、前作よりも、麻雀の勝負以外の人間ドラマの魅力というのが多く取り込まれていて、そこは楽しんでいただけるんじゃないかなと。だから麻雀がそんなに分かんないよという人にも、さらに優しい作りになっていると思います。」と明かした。

今作で13歳の赤木を演じる本郷は、役作りについて問われると、「僕は今年27歳になるんですけど、まさか13歳の男の子を演じるとは…(笑)。前作のときは19歳で、そこから6年時が遡ってはいるんですが、でもだからと言って、声変わりしていない声でやるわけにもいかないですし、赤木のカリスマ性はすでに出来上がっていると思ったので、あまり変えずに、13歳という若いことは全く意識せずにやっています。まぁ、そうするしかないと思いますけどね(笑)。でも一番最初のシーンで、南郷さんに“おい、お前坊主!歳は?”と聞かれて、僕がパッとワンショットになって“13…”と言うんですけど、そこが最大の山場でしたね。それをもう乗り切ったので大丈夫です。皆さん、“ん?”となると思うんですけど、そこだけを乗り切っていただけたら、世界に入ってもらえると思います。」と話し、会場を笑いに包んだ。

今作の敵役となる市川を演じる鹿賀丈史さんの印象については、「最初に鹿賀丈史さんが市川役を演じてくださると聞いたときに、ものすごいびっくりして、本当にすごいと思いました。その印象通りにものすごく迫力のある市川を演じてくださっているので、本当に助かっています。鷲巣は運でねじ伏せるタイプだったんですけど、市川はすごく賢い技巧派の雀士なので、タイプが違う強敵といいますか、タイプが違うかっこよさを見事に演じてくださっています。」と語った。

また、福本さんの作品には、福本語録と呼ばれる名言が多くちりばめられているが、本郷が好きな福本語録について問われ、『きたぜぬるりと』を挙げた本郷は、「これは市川さんと対戦するときに言う台詞なんですけど、白(ハク)というなんも書いていないツルツルした牌を引っ張ってきて、それで上がって、ここから反撃だ!みたいなシーンなんですけど、これは結構赤木がしゃべる中でも、皆が知っている名台詞といいますか、独特な表現で気に入っています。今回も現場で言って“赤木やってるな~”とすごく気持ちよかったですね。」と明かした。さらに、『オレはいつでも死んでやる…!綺麗に…!』を挙げ、「これは鷲巣編での戦いで、命を懸けたギャンブルをしているので、その中で赤木が言った台詞です。赤木のキャラクターをすごく表していて、死を全く恐れない精神というか、かっこいいなと思います。」を話した。

本郷は、漫画原作のキャラクターを演じることも多いが、今作でアカギを演じるにあたり、原作のイメージを忠実に作り出そうとしているのか、オリジナルの解釈も加えているのか等、演じる上で心掛けていることを問われると、「本郷オリジナルなんていうものはとんでもないお話なので、なるべく原作のイメージ通りに忠実にやらせていただいているつもりです。ものすごく人気のある作品をお借りしている立場なので、なるべくイメージを崩さないよう作っていっている感じです。ビジュアルイメージもどこまで再現するのがベストなんだろうというのは、監督やプロデューサーと話し合いを重ねて、今の形に着地しているので、一番いいバランスだと自信を持って言える形に仕上がったと思います。あと、アニメ版の声優は、俳優の先輩である萩原聖人さんが演じているんですけど、やっぱりその独特な体温の低い話し方というか、お芝居がアカギファンとしては印象的なので、台詞のしゃべり方も、少し萩原さんのアニメを見返して参考にさせていただいて演じてさせていただいております。なので、漫画・アニメのアカギ像を実写で演じるように心掛けています。」と真摯に語った。

またこの日は、2015年に放送された「アカギ」の続編となる、「アカギ~鷲巣麻雀完結編~」の制作が発表された。本郷は「本当にうれしかったです。前作も一応ドラマとしては完結させているんですけど、原作がまだ続いていたので、本当の決着というのを映像でも演じることができて本当にうれしいです。そしてなんといってもまた津川雅彦さんとご一緒できるというのがうれしいです。アカギの漫画では、「竜崎・矢木編」のときに鷲巣はまだ出てきてないんですけど、今回のドラマで津川さんがご出演してくださるシーンが追加されています。いわばオリジナルストーリーが何シーンかあるという感じなんですけど、こういうのをやるとだいたい原作ファンとしては、“なに勝手にオリジナルとか作ってるんだ”と思うんですけど、僕も原作ファンとして言わせてもらうと、台本を読んでいて“これはめちゃくちゃいい”という感想でした。たしかにここで津川さんが交わっていただろうし、超言いたいんだよなぁ…、この2ショットが見れるか!という感じですね。簡単に言うと。」と明かした。

最後に視聴者の皆さんに向けて、「前作以上にかっこいい作品になっています。またしても女性キャストは1人も出てきませんし、すごく振り切ったスタイリッシュな作品になっていると思います。麻雀を知らない方でも楽しめますし、めちゃくちゃかっこいい作品になっているので、麻雀知らないなと敬遠せずに観てもらえたら、きっと赤木のことや福本先生作品の良さを分かってもらえると思うので、ぜひ幅広い方に観てもらいたいです。よろしくお願いします。」とメッセージを送った。

BSスカパー!オリジナル連続ドラマ「アカギ」竜崎・矢木編/市川編は、10/13(金)より毎週金曜21:00~放送!(第1話無料放送)
また、「アカギ~鷲巣麻雀完結編~」は、2018年放送予定!
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top