shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

市原隼人 「連続ドラマW 沈黙法廷」完成披露試写会&舞台挨拶!

市原隼人出演、「連続ドラマW 沈黙法廷」(WOWOWプライム)の完成披露試写会&舞台挨拶が9/21(木)都内で行われ、永作博美さん、田中哲司と共に市原が登壇した。

同作は、『廃墟に乞う』『警官の血』など数々の警察小説を手掛けてきた直木賞作家・佐々木譲の初の法廷小説のドラマ化。
老人の不審死が連続して起こるなか、捜査線上に浮上した家事代行の女・山本美紀の人生を、警察、弁護士、マスコミ、そして彼女を信じる者の視点から徹底的に炙り出していく。

高見沢弘志(市原隼人)は、突然消えた恋人を忘れられず、ずっと行方を捜していた。その頃、都内でひとり暮らしをする資産家の老人(北村総一朗)が、絞殺体で発見される。所轄の刑事・伊室真治(杉本哲太)と西村敦子(臼田あさ美)は、隣人の証言などから家事代行業の女・山本美紀(永作博美)に行き着く。伊室らは警視庁捜査一課と合流し、美紀宅に急行するが、一足違いで埼玉県警に彼女の身柄を拘束される。その現場に居合わせた弘志。やっと見つけた彼女は、警察に連れて行かれてしまった。連続殺人犯としてマスコミの報道は過熱する。弘志は、弁護士の矢田部完(田中哲司)と共に、彼女の真実を探るため奔走する。それぞれが抱く美紀の人物像は十人十色。その上、美紀は裁判中に、突然黙秘し、事件は迷走していく。彼女は悪女かー、淑女かー。

行方知れずとなった彼女を探し続ける真っ直ぐで不器用な男・高見沢弘志を演じる市原は作品について、「多面性がある作品だと思いました。ある意味、観ているお客様を試すような、僕自身も試されているような感覚に陥って、永作さんが演じる山本美紀の行動とか、笑顔や、言葉は善なのか悪なのか…。観る方々によって変わると思いました。“自分はこういった感覚で人や世の中を見ていたんだ”と感じていただけるきっかけになればと思います。そして、観終わった後に生々しく人間くさい感情の余韻を残すような作品だなと。セリフとセリフの間というか、沈黙の間に考えることがたくさんあるんです。そこが作品の醍醐味だと思いましたし、早く現場に入ってそれを感じたくなりました。」と力説。

自身が演じる役柄について、「山本美紀さんが目の前からいなくなっても、常に追い求めている役。なので、現場で永作さんに会うのが素直に嬉しかったです。永作さんは本当に魅力的な人。気さくに温かく声をかけていただいて、屈託のない笑顔が大好きです(笑)。弘志としては事実ではなく見えない真実を見る怖さと、全てを知りたい気持ち、美紀さんを愛する気持ちや、美紀さんがいなくなった後の虚無感。弘志という人間は多くの疑問が残され混沌とするなか社会的にすごく弱い人間で、そんな人間が多くの壁にぶちあたりながら、いろいろな扉を開けていきます。そこに着目して観ていただきたいです。」とコメントした。

同作の主人公・美紀が殺人犯として疑われることから、共演者に対し、最初に思ったイメージと違う人は?という質問が投げかけられ、「人に対して第一印象を決めないのでないのですが…。永作さんとの初めてのシーンがデートのシーンで、“恥ずかしいね”と言いながら演じている永作さんが可愛かったです(笑)。また、先日、法廷のシーンが行われたのですが、哲司さんも永作さんも芝居の構成が素晴らしくて、いち観客として上質な舞台を見ているような感覚になって、“これを観れない方はもったいない”と思うほどでした。間や呼吸、目線が繊細に描かれていて、こんな先輩方とご一緒できて良かったと、心から思いました。」と答えた。

「連続ドラマW 沈黙法廷」は9/24(日)よりWOWOWプライムにて毎週日曜22:00~放送。(第1話無料放送)
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top