shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

森川葵 主演映画「恋と嘘」公開直前ウエディングイベント!

森川葵主演映画「恋と嘘」公開直前ウエディングイベントが、10/10(火)に行われ、北村匠海、佐藤寛太さんと共に森川が出席した。

マンガアプリ「マンガボックス」で連載を開始した途端に人気No.1大ヒットを記録し、2年半にわたりその地位を不動のものとしている大人気マンガ「恋と嘘」。コミックス発売後も重版を連発し、アニメも大絶賛されている本作が、原作とつながりを持つアナザーストーリーとして実写映画化。

少子化が進んだ未来の日本では“政府”が国民の遺伝子情報を分析し最良の結婚相手を“通知”する「超・少子化対策法」が施行されていた。“政府通知”が来ると自由恋愛は禁止となるものの、遺伝子レベルでのマッチングシステムは功を奏し、“科学の赤い糸”と呼ばれ、幸せな結婚のかたちとして定着していた。
人よりちょっと優柔不断な仁坂葵(森川)は、通知が教えてくれる相手をずっと心待ちにしている女子高生。そんな葵は、誕生日前日、幼なじみの司馬優翔(北村匠海)に突然「好きだ」と告白される。小さな頃からいつもそばにいてくれる心優しい優翔の気持ちに戸惑う葵のもとに、無口でミステリアスな高千穂蒼佑(佐藤寛太さん)が政府通知の相手として現れる。葵は蒼佑に心惹かれていくのだが…。

森川は、仁坂葵役を演じる。
幼い頃から“政府通知”に憧れ、通知の相手と幸せに結ばれることを夢見ている。普段はどのクレープを頼むか決められないほどの優柔不断。しかし、小さい頃には、お遊戯会で他の女の子にヤキモチを焼いていきなり司馬にキスするくらい一直線な面もある。

この日はアニヴェルセル表参道でイベントが行われ、森川はウエディングドレスに身を包み登場。「映画の撮影ではドレスを着たことがあるんですけど、こういったイベントで、こんなに素敵なチャペルでかわいいドレスを着て、映画のお話ができるのはとてもうれしいです。今日は短い時間ですがよろしくお願いします。」と挨拶。

物語の重要なキーワードとなる“政府通知”の世界を演じることの難しさについて問われると、「森川葵としては、“結婚相手が決められてしまうってどうなの?”って思っていて、仁坂葵は政府通知を楽しみに生きてきた女の子だったので、その対比を埋めていく作業が大変でした。」と語った。

また、結婚相手に望む、これだけは譲れないという条件は?という質問に、「私はおいしいものを食べているときが幸せなので、自分がおいしいと感じるものを、おいしいと分かち合える人。あとはやっぱり自分を愛してくれる人がいいですね。」と話した。

さらにイベントでは、仁坂葵が司馬優翔と高千穂蒼佑の間で揺れ動く女の子であることにちなみ、北村と佐藤さんの公開プロポーズによりどちらを選ぶか決めることに。北村が「俺のすべてをかけて幸せにするから結婚してください!」と言葉をかける一方、佐藤さんも「一生大事にするので結婚してください!」と真剣なプロポーズ。森川は悩みに悩んだ挙句、「2人とも良いところがあるから選べません。」と回答するも、最後は「映画の中ではどちらかを選んでいるのでぜひ観てください!」と笑顔を見せていた。

映画「恋と嘘」は、10/14(土)全国公開!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top