shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

森川葵 映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」初日舞台挨拶!

森川葵出演映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」が10/28(土)公開初日を迎え、新宿ピカデリーで行われた舞台挨拶に森川が登壇した。

同作は、純愛名作コミックとして親しまれ、7年間にわたって長期連載した、累計発行部数570万部突破の河原和音さんによる大ヒットコミック「先生!」を実写映画化。先生と生徒の切ない純愛を描く。

高校2年生の響(広瀬すずさん)は、ちょっと不器用でまだ恋を知らない 17 歳。そんな響が生まれて初めて本当の恋をする。その相手は口ベタだけれど 生徒想いな世界史の教師、伊藤(生田斗真さん)だった。「好きになってもいい?」「俺はやめとけ」そういわれても、どうしようもなく好きで― そんな真っ直ぐすぎる想いがゆっくりと伊藤の心を溶かし始めていく。最後に“きちんとフラれるため”向かった屋上で、伊藤は突然、響を抱き寄せ キスしてしまう。動揺する響だったが、事態は響の知らないところで急速に変化しようとしていた…。

森川は、響の親友・千草恵を演じる。響とは対照的に惚れっぽく、しょっちゅう誰かに恋しているイマドキの女子高生。かつてはクラスメイトの浩介が好きだったが、現在は爽やかな関谷先生に片思い中。伊藤のことは毛嫌いしていたが、響の想いを知ってからは応援している。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した森川は、「皆さん、こんにちは。千草恵を演じました、森川葵です。真っ直ぐ純粋な恋が、愛が、全国の皆さんに届いたらいいなと思っています。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

劇中の名台詞「未来で後悔したくないから。今は一番好きな人を好きでいたい。」にちなんで、“今だから言える告白は?”という質問に、「昔に三木監督作品のオーディションを受けたことがあったんですけど、残念ながら落ちてしまって、ずっと悔しいと思っていたんです。だからこうして三木監督の作品に出られてうれしいです。」と笑顔を見せた。

映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top