shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

阿部進之介 映画「デイアンドナイト」制作発表記者会見!

阿部進之介主演映画「デイアンドナイト」の制作発表記者会見が11/2(木)撮影地でもある秋田県鹿角市で行われた。

同作は、「人間の善悪とは」をテーマに、大手企業の不正を内部告発した父の自殺をきっかけに実家に帰った主人公の明石幸次が、子供を守るためなら犯罪も厭わない児童養護施設の職員・北村と出会い、やがて復讐に目覚めていくさまを描いた物語。
山田孝之が「裏方」に徹し全面プロデュースを手掛け、ドラマ「100万円の女たち」や映画「オー!ファーザー」「光と血」などの藤井道人監督がメガホンをとる。

父が自殺をし、明石幸次(阿部)は実家に帰ってきた。父は大手企業の不正を内部告発したことで死に追いやられ、家族もまた、崩壊の危機に陥っていた。そんな明石に、児童養護施設で働く男・北村が手を差し伸べる。子供を守るためなら犯罪も厭わない風変りな北村に魅せられた明石はやがて復讐に目覚め、善意と悪意は交差していく……

会見にて企画がスタートしたきっかけを聞かれた阿部は、「この企画は、4年前に藤井監督と居酒屋で話したことが始まりでした。藤井監督の作品を色々観ていたので、直感的にこの人と仕事をしたいなとずっと思っていて。お互いやりたいことをメモしながら、徐々に作り上げていったのですが、その後山田孝之プロデューサーも参加してくれて現在の形になりました。居酒屋での話がこうやって形になってきて、喜びもひとしおです。」と4年越しの企画がついに動き出すことの喜びをかみしめている様子だった。

この日のフォトセッションには、鹿角市実行委員会より岩船勝広委員長、三種町実行委員会より岩谷作一委員長が参加。また、鹿角市の観光イメージキャラクター「たんぽ小町ちゃん」が駆けつけ、花束をプレゼントし、会場を盛り上げた。

撮影は11/3(金)から11月末までの約1か月にわたり、秋田市、鹿角市、三種町にて行われる予定。
公開は2018年予定となっている。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top