shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

山本千尋 映画「BRAVE STORM ブレイブストーム」公開記念舞台挨拶!

山本千尋出演映画「BRAVE STORM ブレイブストーム」公開記念舞台挨拶が、11/11(土)TOHOシネマズ上野にて行われ、監督・キャストと共に山本が登壇した。

同作は、1970年代にテレビで人気を博した特撮ヒーロー番組『シルバー仮面』と『レッドバロン』を、現在の特撮技術を駆使しリブートさせたSFアクション。円谷プロダクション元代表取締役副社長 岡部淳也がプロデュース、脚本、監督を務める。

2050年、地球人類は滅亡していた。極わずかに残された人類の中、春日5人兄弟【大東駿介、山本千尋、タモト清嵐、壇蜜、春日光一】は 過去に時間移動し、侵略者 キルギス星人を地球侵略開始前に抹殺することを計画。奪取したキルギス星人の巨大ロボット設計データ。そして、宇宙人探知グラス、サイキック能力、強化スーツ“シルバー”3つの力を手に、2015年の過去へ移動する。
過去へ到着した兄弟達は、ロボット工学者 紅健一郎【吉沢悠】へ接触し、巨大ロボット“レッドバロン”の製造を懇願する。紅健一郎はロボット製作を同意するが、一つの条件があった。健一郎の弟 血気盛んなボクサー 紅 健【渡部秀】は望むこと無くレッドバロン操縦者として地球存亡のカギを握る壮絶な戦いに巻き込まれてゆく。
エイリアン VS 強化人間、巨大ロボット VS 巨大ロボット、東京を舞台に、壮絶なバトルが開始される!

山本は、春日兄弟の末妹・春日はるかを演じる。
未来で手に入れたサイキック能力をあらゆる場面で駆使する。常に小型ソード(剣)を携帯し、直接戦の際は圧倒的剣術でエイリアンを駆逐する。

上映前の舞台挨拶にて山本は、「劇中で春日兄弟の末っ子・春日はるかを演じさせていただきました。短いですが素敵な時間を過ごしていただけると嬉しいなと思います。本日は本当にありがとうございます。」と挨拶。

過去に戻って未来を変えるというストーリーにちなみ、過去にタイムスリップするとしたら何を変えたいかと聞かれ、「この作品で言うならば、撮影中に“シルバー”スーツの仮面だけでもかぶらせてほしいとか、“レッドバロン”の操縦席に座らせてほしいと言えば良かったなと思いました(笑)。」と明かした。

また、自身の役で注目してほしいポイントを、「今回、少しアクションをさせていただいています。中国武術を3歳から習っているのですが、岡部さんとお話して、逆に中国カラーを抜いて剣でカッコよく決めようという事になりました。この作品は、ヒーローのアクションやボクシングのシーンがあるので、皆さんが撮影前から凄く身体作りをされていました。撮影現場でも体調面にも気をつけながら本気で臨んだ作品だと思うので、それが観ている方にも伝わると嬉しいなと思います。」と語った。

映画「BRAVE STORM ブレイブストーム」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top