shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

内野聖陽 ドラマスペシャル「ヘヤチョウ」主演決定!

内野聖陽が12/17(日)放送されるドラマスペシャル「ヘヤチョウ」(テレビ朝日系)で主演を務めることが発表された。

同作は、肩書きは一介の巡査部長に過ぎない警視庁捜査一課の刑事だが、誰もが認める刑事としての高い手腕で“ヘヤチョウ”として信頼されている武骨な刑事が、突如として人間的な悩みを抱えることになり、葛藤しながらも難事件に立ち向かう姿を描いた刑事人間ドラマ。
原作は、警視庁捜査一課に勤務、退職後は刑事・警察作品の企画協力、原案提供、演技指導などを行う一方、小説などの執筆も手がけた故・飯田裕久氏の小説「地取り」、「検挙票」で、大河ドラマ「八重の桜」、「相棒」などの山本むつみ氏が脚本を手掛ける。

過去に飯田氏が警察監修を担当するドラマに出演し、俳優として飯田氏を信頼、心酔してきた内野。2010年に飯田氏が急逝すると、内野主演で飯田氏原作のドラマ化の企画が立ち上がったが、内野の主人公を演じる年齢ではないという意向もあり見送りに。その企画が今回ついに実現、内野にとってもおよそ7年越しの思いが形になる、という悲願が果たされる記念すべき作品となった。

内野は、警視庁捜査一課・15係の部屋長で巡査部長、釜本宣彦を演じる。釜本は、昇任試験の勉強の暇なく捜査に打ち込み続けたからか昇進せず、とはいえ、捜査相手から巧みに情報を聞き出すなど刑事としての手腕には定評がある人物だが、一方で捜査に夢中になりすぎ、要介護の父の世話を妻・幸江に任せきりにし、ついには妻に家出されてしまう、という役どころ。

原作について内野は、「飯田裕久さんの原作には刑事の世界について細かく描かれていて、我々の知らない刑事の生き様が描かれています。そんな本が元になっているドラマですから、いわゆる痛快な捕物帳的な刑事ドラマではない刑事の息遣い、あるいは被害者感情などをじっくりと描く作品になると思います。一言で言えば、一風変わった作品になるのではないか、という気がしています。とにかくスーパーマン的なキャラクターが出てくるようなストーリーではないので、僕も釜本の苦しみ、葛藤、弱さ、そういうものがにじみ出るような演技が出来たら、と思いつつ演じさせていただきました。」とコメント。

さらに、「この作品で特徴的な点は、犯人を逮捕する刑事の日常以外にプライベートの部分も大事に描かれているところ。そこが今作で一番難しいところでもあったのですが、視聴者の方も「刑事さんも自分たちと同じじゃないか」と共感していただけるのではないかと思います。殺人事件を扱う捜査一課の刑事さんは24時間働かなければならない厳しい職場にいる。それでも、そんな彼らでも家族の悩みを抱えながら生きている、というところに僕はリアリティーを感じました。」と語った。

奥深い魅力を内包した味わい深い人間ドラマとこだわりの映像美で重厚な作品に仕上がった同作。最後に、「今回はスタッフさんも超一流の方々が集まり、俳優さん、女優さんも僕の尊敬する方ばかりです。これは俺も気合いをいれなければ、と思って一つ一つのシーンをこれでもか、というぐらいこだわって撮影させていただきました。単なる刑事ドラマとしてではなく、働く男性、女性なら「あーわかるな、切実だな」と感じて頂ける部分がたくさん含まれた作品だと思います。刑事も一介の人間に過ぎない、そういうものが感じられる、見応えのあるドラマになっていると思います。」とPRした。

ドラマスペシャル「ヘヤチョウ」は12/17(日)21:00~テレビ朝日系で放送。
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top