shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

田辺桃子 映画「恋と嘘」初日舞台挨拶!

田辺桃子出演映画「恋と嘘」が、10/14(土)公開初日を迎え、TOHOシネマズ新宿にて行われた舞台挨拶に田辺が登壇した。

マンガアプリ「マンガボックス」で連載を開始した途端に人気No.1大ヒットを記録し、2年半にわたりその地位を不動のものとしている大人気マンガ「恋と嘘」。コミックス発売後も重版を連発し、アニメも大絶賛されている本作が、原作とつながりを持つアナザーストーリーとして実写映画化される。

少子化が進んだ未来の日本では“政府”が国民の遺伝子情報を分析し最良の結婚相手を“通知”する「超・少子化対策法」が施行されていた。“政府通知”が来ると自由恋愛は禁止となるものの、遺伝子レベルでのマッチングシステムは功を奏し、“科学の赤い糸”と呼ばれ、幸せな結婚のかたちとして定着していた。
人よりちょっと優柔不断な仁坂葵(森川葵)は、通知が教えてくれる相手をずっと心待ちにしている女子高生。そんな葵は、誕生日前日、幼なじみの司馬優翔(北村匠海)に突然「好きだ」と告白される。小さな頃からいつもそばにいてくれる心優しい優翔の気持ちに戸惑う葵のもとに、無口でミステリアスな高千穂蒼佑(佐藤寛太さん)が政府通知の相手として現れる。葵は蒼佑に心惹かれていくのだが…。

田辺は、仁坂葵と司馬優翔のクラスメイト・秋帆を演じる。

上映後に行われた舞台挨拶に登壇した田辺は、「こうして無事に公開を迎えることができて嬉しいです。今日はよろしくお願いします。」と挨拶。

印象深いシーンについて聞かれると、「(クラスメイトの)小夏が葵ちゃんに結婚指輪を見せるシーンなんですけど、すごく左手がキラキラして見えて、隣でキャッキャしている私が寂しいなと思ってきちゃいました。でも秋帆も葵の2か月後に政府通知が来るという設定だったので、私にもこんな大きい宝石が来ると思って、個人的にはすごくドキドキしたシーンでした。」と話した。

“政府通知はあり?なし?”という質問に、「なし」と回答した田辺は、「(政府通知が届く)16歳は曖昧な時期で、私も16歳のとき不安に思うこともあったので、そういうときにある意味、政府に将来を決められる。そういうのは楽だと思ったのですが、私は自分で後悔しない道を歩きたいと思っているので、選んだ相手がどんな人でも自分で出会いたいです。」と笑顔を見せた。

映画「恋と嘘」は、絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top